スタバに「まんじゅう」がある!! 台湾スタバ限定「水まんじゅう」は日本にも売って欲しい絶妙な美味しさです

拡大画像を見る


スタバといえば、コーヒーと一緒に楽しめるケーキやタルトなどのデザートメニューも人気ですよね。

ある日、台湾スタバのスイーツメニューを見ていたら、「水まんじゅう」が売られているのを発見!

タピオカミルクプリンとタロイモ緑豆の2種類のおまんじゅうがあるのですが……これ、お茶じゃなくてコーヒーに合うの!?

すごく気になるので、コーヒーと一緒に注文して相性を検証してみました♪

【台湾スタバの水まんじゅうは2種類】

台湾スタバで販売されている水まんじゅうは2種類。

「珍珠奶茶布丁星蕨餅(タピオカミルク&プリンわらび餅)」「芋泥綠豆沙星蕨餅(タロイモ&緑豆わらび餅)」です。さっそくブラックコーヒーと一緒に注文します……!

【タピオカミルク感たっぷりな水まんじゅう】

まずは「タピオカミルク&プリンわらび餅」の水まんじゅうから。

さっそくひとくちいただいてみると……黒糖わらび餅がぷにゅっとしてやわらかい! そして中からふわっとミルクティー餡のまろやかな甘さがくちいっぱいに広がっていきました♡
餡の中には小さくカットされたプリンが入っていて、弾力のある食感がアクセントになっています。

タピオカは入っていないものの、黒糖風味豊かなわらび餅のもちもち感とプリンの弾力、そしてあま~いミルクティー餡のハーモニーは、まさにタピオカミルクティーを彷彿とさせる味わいでした!
気になるコーヒーとの相性ですが……。中に入っているミルクティー餡の甘さが強めなので、ひとくち食べるごとに「なにか苦いものが欲しい!」という気分になります。

コクと苦みのあるコーヒーをひとくち飲むごとに、甘さと苦みが中和されていく感じが心地よいです♪

【タロイモと緑豆の水まんじゅうは素朴な甘さ】

続いては「タロイモ&緑豆わらび餅」の水まんじゅうを。

実は台湾ではタロイモも緑豆もスイーツ食材の定番で、甘く煮込んでいただくことが多いんです♪

さっそくひとくちいただいてみると……わらび餅のぷにゅっとしたやわらかさは同じですが、つぶつぶ感が残されたタロイモペーストの濃厚かつ素朴な甘さミルクが加えられた緑豆ペーストのまろやかさがこれまたくちいっぱいに広がります♡
飽きのこない素朴な甘さにほっとします。こちらもコーヒーの苦みのある味わいが、水まんじゅうとよく合っていました♪

【実は端午節に合わせて販売された期間限定スイーツ】

実はこの2種類の水まんじゅうは、端午節(2021年は6月14日)の時期に合わせて発売された期間限定商品。台湾では端午節にちまきを食べる習慣があり、台湾スタバでは毎年この時期に冷たいちまき(冰粽)と水まんじゅうがスイーツとして登場するんです。
水まんじゅうの価格はどちらも1個60元(約230円)。台湾でこういった水まんじゅうはめずらしいのですが、以前スーパーで見かけた抹茶水まんじゅうは2個入りで42元(約160円)でした。

スタバの水まんじゅうはちょっぴりお高めですが、コーヒーとの相性は想像以上にバツグン! 日本で発売されても人気が出るんじゃないかなぁと思います♪

参考リンク:星巴克 Starbucks Taiwan[1][2][3]
執筆:Yui Imai
Photo:(c)Pouch

関連リンク

  • 5/20 9:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます