ジュリエット・ビノシュ“校長”が自ら指導、60年代フランスの“良き妻の鉄則”とは!?『5月の花嫁学校』

拡大画像を見る

ジュリエット・ビノシュが彼女史上最もキュートなコメディに挑戦、フランスの名優たちと共演し、本国で初登場1位を記録した『5月の花嫁学校』。この度、ビノシュ扮する校長が7つの“良き妻の鉄則”を説く本編映像が解禁された。



セザール賞7部門を受賞した『セラフィーヌの庭』や、カトリーヌ・ドヌーブを起用した『ルージュの手紙』などで知られるマルタン・プロヴォ監督が描く本作。


今回到着したのは、ビノシュ扮するヴァン・デル・ベック家政学校校長のポーレットが、新入生の18人の少女たちに7つの“良き妻の鉄則”を説くシーン。「何よりもまず夫に付き従うこと」「お酒は飲まない」から、男性にとっての“仕事”と同じだという「夫婦生活」に至るまで、あまりにも時代錯誤な驚きの条件の数々を、大真面目に少女たちに教え込んでいく。


少女たちの初々しい学校生活の様子も垣間見え、どこか牧歌的でユーモラスなシーンとなっているが、その後、パリから届いた革命の“自由”の風がポーレットや生徒たちを変えていくことになる。

『5月の花嫁学校』は5月28日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
5月の花嫁学校 2021年5月28日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて公開
© 2020 - LES FILMS DU KIOSQUE - FRANCE 3 CINÉMA - ORANGE STUDIO – UMEDIA

関連リンク

  • 5/20 14:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます