『ベルセルク』作者・三浦建太郎さんが逝去 「早すぎる」「名作をありがとう」

拡大画像を見る

2021年5月20日、漫画『ベルセルク』などで知られる、漫画家の三浦建太郎さんが亡くなったことが分かりました。54歳でした。

株式会社白泉社によると、死因は急性大動脈解離とのこと。同月6日に亡くなったそうです。

『ベルセルク』を掲載してきた白泉社は、三浦さんの訃報についてウェブサイトでこのようにコメントをつづっています。

漫画家の三浦建太郎先生が、2021年5月6日14時48分、急性大動脈解離のため、ご逝去されました。享年54歳でした。

三浦先生の画業に最大の敬意と感謝を表しますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。

なお告別式はご家族にて執り行われました。

三浦先生には、永年にわたり白泉社で『ベルセルク』をはじめとする人気作品の数々をご執筆いただきました。現在もヤングアニマルにて同作を、一昨年からはヤングアニマルZEROで『ドゥルアンキ』を連載中でした。

読者の皆様には、三浦先生の作品をご愛読いただきましたことを深謝いたしますとともに、謹んでご逝去のご報告をお知らせ申し上げます。

白泉社 ーより引用

また、同作品が掲載されていた『ヤングアニマル』の編集部も、コメントを掲載しました。

三浦建太郎先生の突然の訃報に接し、ヤングアニマル編集部は深い悲しみに包まれています。

この受けいれがたい事実をどのように捉えたらいいのか。正直、言葉が見つかりません。

思い出されるのは、編集部の人間に会うと、いつも朗らかにご自分の好きな漫画やアニメ、映画の話などを楽しく語っていた時の笑顔ばかりです。我々は三浦先生の怒った顔を見たことがありません。いつも楽しそうな少年のような方でした。

どうかファンの皆様、関係者の皆様、三浦先生の楽しそうな笑顔を想像していただき、ヤングアニマル編集部と共に静かにご冥福を祈っていただければと存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。

白泉社 ーより引用

三浦さんの訃報に多くの人が驚き、「あまりにも早すぎる」「素晴らしい作品を描く漫画家だった」といった声が上がっています。

1989年に連載開始した『ベルセルク』は、最新刊である40巻が2018年に発売。アニメも放送され、大人気作品となりました。

連載途中で三浦さんが亡くなったため、ネットからは「未完結作品になるのではないか」と惜しむ声が上がっています。

三浦さんの作品は、今後も多くの人に感動を与えることでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

[文・構成/grape編集部]

出典 白泉社@berserk_project

関連リンク

  • 5/20 13:01
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • トリトン

    5/21 11:07

    残念です。漫画も DVDアニメとげきじょあも揃えてるほど好きでしたバガボンドと同じようになかなか漫画がでなくてのんびり待ってましたが見れないなんて。彼のご冥福をお祈りします。

  • 御冥福をお祈り致します。                                                 ヤングアニマル創刊初期から読んでいました。        本当に残念でなりません。

記事の無断転載を禁じます