EXIT兼近、“平和過ぎる休日”を週刊誌に撮られ「チャラ男芸人として終わったと思ったぜ」

拡大画像を見る

19日にTwitterを更新し「これ撮られた瞬間にチャラ男芸人として終わったと思ったぜ」とつぶやいたEXITの兼近大樹。“これ”というのは同日週刊誌『FRIDAY』デジタル版で配信された記事で、EXITの2人がどのように休日を過ごしているかが詳細に記載されている。

そこに写っているのは、油そば店を1人で訪れカウンターで食事をとった後、公園に立ち寄りお菓子を食べながらくつろぐ兼近の姿だった。確かに普段のチャラ男キャラとは真逆の穏やかな休日風景であるが、もともと人柄の良さが話題になっていたEXITだけに「イメージ通り」とフォロワーには違和感がなかったもよう。また相方のりんたろー。もカフェスタンドのベンチで1人アイスコーヒーを飲む様子が掲載されており、「相方と行動が被ってる」と指摘する声も。スキャンダルとは無縁の休日を過ごすのはコンビ共通のようである。

ちなみに兼近は昨年も何度か同誌に“張り込み”されているが、撮影されたのは出勤途中に花壇を軽やかに飛び越える姿や、忙しい中でもファンに丁寧に対応する姿などいたって平和なものばかりだった。何気ない日常さえも記事になるのは人気があるが故、今後も「俺の生き様晒し続けるわ」とある意味覚悟を決めた様子の兼近だが、ファンは「そっとしておいてほしいよね」「隠し撮り反対」と休日まで狙われる彼に同情しているようだ。

画像2枚目は『EXIT 兼近 2021年5月11日付Twitter「誕生日配信中、ふとした操作でアドレスが流出して、めちゃくちゃメールが届く、、、」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

関連リンク

  • 5/20 12:20
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます