逆風つづく?二宮和也「ソロプロジェクト」への「重大不安」

拡大画像を見る

 嵐の二宮和也(37)が座長となり、KAT-TUNの中丸雄一(37)、SexyZoneの菊池風磨(26)、Hey!Say!JUMPの山田涼介(27)らで活動しているYouTubeチャンネル『ジャにのちゃんねる』。4月29日に開設から21日目で登録者数200万人を達成し、5月19日にはすでに登録者数243万人という人気ぶりだが、不安材料があるという。

「チャンネルのメンバーで、現状、最も不安視されているのが二宮なんです。というのも、二宮は19年にかねてから交際が報じられていた一般女性のAさんと結婚したことで、好感度が急落。実は現在も、それが尾を引いている状態です」(女性誌記者)

「アイドルが結婚すると裏切り者扱いされて好感度が下がる」というのはよくあることだが、二宮の場合、グループの活動休止を待たず、ラストイヤーを控えていた段階での結婚に踏み切ったたため、「ファンだけでなくグループにも不義理」として、より多くの反感を買ってしまったのは記憶に新しい。

■二宮の好感度が不安材料

 昨年2月に『文春オンライン』が行った「嫌いなジャニーズランキング」では、昨年8位から2位に急上昇してし、逆に「好きなジャニーズランキング」では、残る嵐メンバーがトップ5位にいるのに、二宮のみ14位という露骨な結果となってしまっていた。

 二宮のYouTubeについても、

《ニノ、好きだからこそ、ちょっと落ち着いてほしいな。。夜会でもYouTubeでも自分勝手の片鱗が見えてる》《二宮のYouTubeは再生回数増やすのも嫌で見てないけど、TLに流れてくる様子では嵐の時より頑張ってるみたいで腹立つ》《二宮のYouTubeチャンネル登録はしてるけど見たことないし今後も見ることはないと思う》

 と、難色を示すコメントがネット上で見受けられた。

「座長で、チャンネルの顔であるはずの二宮がもっとも好感度が低いという、本末転倒な事態になっています。4月25日の動画では、自分で立ち上げたYouTube企画なのに“編集もやってもらわないといないんだよ、人が”と、演者、企画、編集の3役を中丸に依頼していたのも、“人任せかよ”という批判意見がありました」(前出の女性誌記者)

 中丸の「やりますけどクオリティめっちゃ下がりますよ」という苦しい表情に「それはダメなんよ」と返す部分も、「自分勝手すぎる」という指摘があった。

■二宮ソロ企画で本当の人気が分かる?

「現状で二宮がソロで登場したのは、チャンネル開設のあいさつや、作業の遅れで告知時間に動画投稿ができない謝罪動画などで、単独で何かを遊んだり、挑戦する企画動画ではありません。『ジャにのちゃんねる』に限らず、ジャニーズ関連のYouTubeチャンネルは高評価、低評価が非表示になっているので数字は出ていませんが、二宮の真の人気は、ソロ企画動画を投稿した際に分かるのではないでしょうか……」(前出の女性誌記者)

 5月13日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で二宮はYouTubeチャンネル開設について、

「現状“こういうのをやっている”というメイキング動画のようなものしか撮れてないんだけど、そもそも本当は楽しいことをやろうと思ってたんですよ」

 と、語っている。

 順調な滑り出しだが、不安材料も抱えている二宮。ソロ企画で、出鼻をくじかれなければいいのだがーー。

関連リンク

  • 5/20 12:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます