【難読】なんと読む? 「有体」の正しい読み方

拡大画像を見る

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「有体」の読み方です。

“ゆうたい”って読むの? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「有体」の読み方は?

「有」という漢字は、“ゆう”、“あり”と読むことが多いですよね。「体」は、“たい”という読み方が多いですが、“てい”とも読みますね。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“ありてい”と読みます。

■「有体」の意味と使い方

『精選版 日本国語大辞典』によれば、「有体」の意味は以下のように解説されています。

あり‐てい【有体】

〘名〙 (形動)

1 物事の状態。ありよう。〔日葡辞書(1603‐04)〕

2 ありのままであること。偽りや飾りのないさま。ありよう。

※玉塵抄(1563)三七「素はかざらぬありていなことぞ」

※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉六八「有体(アリテイ)に申すから其手を放して下さい」

3 ありきたりのこと。ありふれたこと。とおりいっぺんなこと。

※浮世草子・西鶴置土産(1693)二「ばばさま爰(ここ)を通りますと有躰(アリテイ)の礼義をのべて」

ビジネスシーンなどで、ありのまま、本音は、といった意味で使うことが多いようです。最近では「有り体」と書くことも多いようですが、「有体」と書いてある際に、“ゆうたい”とは読まないよう、気をつけたいところですね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「有体」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。普段、馴染みのない言葉だからこそ、いざというときにきちんと使いたいですよね。

漢字自体は普段からよく目にするものですが、組み合わせと用途によって、読み方が難しくなりますね。

(ななしまもえ)

関連リンク

  • 5/20 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます