ドミノ・ピザの新メニュー「ピザライスボウル」は在宅勤務のランチ使いにぴったりかも

拡大画像を見る

ドミノ・ピザからまさかの“ごはん”メニューが新登場。ごはんでピザの味わいが楽しめる「ピザライスボウル」が5月19日(水)より発売されました。さっそく食べてみましたよ!

バター風味ライスにピザトッピングをオン

ピザライスボウルは、100%国産米を使ったバター風味ライスの上に、100%モッツァレラチーズとピザのトッピングをのせて、オーブンで香ばしく焼き上げたピザ×日本食のコラボメニュー。

選べるトッピングは、定番ピザでおなじみの「炭火焼ビーフ」、「炭火焼チキテリ」、「ドミノ・デラックス」、「ガーリック・マスター」、「高麗カルビ」、「シーフード・スペシャル(ホワイトソース)」に、ライスにぴったりな「5種のチーズ」の全7種をラインアップ。

今回は「炭火焼ビーフ」と「5種のチーズ」を食べてみました。

バターライスは、ベースとなるバターに、チキンブイヨンの香りとコクをプラスすることで、ピザのトッピングと違和感ないマッチングを実現。「炭火焼ビーフ」はチーズ、炭火焼ビーフ、ほうれん草、マッシュルームをトッピングし、絶妙な焼き加減で、ビーフとチーズの香ばしさが食欲をそそります。

炭火焼ビーフがごはんに合うって、そりゃそうだよね! むしろ米とかっ喰らうために開発されたトッピングだったのでは……と思えるほどです。

「5種のチーズ」は、イタリア産ボッコンチーニ、北海道カマンベール、パルメザンチーズ、チェダーチーズ、ゴーダチーズをトッピング。こちらはホワイトソースを使用しているのでドリアに近いのかなと思いきや、チーズの味でごはんをモリモリ食べられる、贅沢で新感覚の丼モノといった感じ。食べる箇所によって特徴の異なる特濃チーズとごはんの組み合わせは最高!

ピザといえば大勢でシェアして食べるのが楽しいですが、ピザライスボウルは一人での食事にちょうど良いボリューム感。価格も799円(税込み)~とお手頃なので、在宅勤務中のランチ使いにもぴったり。もちろん、ピザメニューと一緒に注文していつもと違ったセットを楽しむのもよさそうです。

和風クワトロピザも新登場

また同日より、4種の和風の味わいが1つのピザで楽しめる「クワトロ・ニッポン」も発売になっています。

明太子、マヨネーズにお餅を組み合わせ、コーン、アスパラをトッピングした「明太マヨモチ」

「北海道3チーズ」は、北海道地域にて限定発売中の人気メニューで、北海道産チェダー、北海道産ゴーダ、北海道産カマンベールチーズに、ホワイトソースとアスパラを合わせた贅沢な一品。

ドミノ・ピザの大人気ロングセラーで、ピザライスボウルのトッピングにも採用されている「炭火焼ビーフ」は、炭火で丁寧に焼き上げた牛肉が香ばしく、肉好きにはたまりません。

そして、炭火焼にした大ぶりのチキンがジューシーで香ばしく、焼けたマヨネーズとのハーモニーが絶妙な「炭火焼チキテリ」。こちらもピザライスボウルのトッピングに採用されています。

いずれも子どもが大好きな味わいで、4歳の娘も大喜びで食べていましたよ。

日本人の舌にあわせて開発された「ピザライスボウル」と「クワトロ・ニッポン」。日本で独自に進化を続けるドミノ・ピザの本気を是非ご賞味あれ。

関連リンク

  • 5/20 11:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます