新垣結衣・星野源、「芸能界最強占い師」が予言していた逃げ恥婚“不穏な行方”!

拡大画像を見る

 5月19日、日本中を驚かせた新垣結衣と星野源の電撃結婚。同日の夕方、報道各社に連名で送付したFAXで「私たち、星野源と新垣結衣は、このたび結婚する運びとなりました事をご報告させていただきます」と結婚を伝えた両者。新垣は自身の公式サイトで「共に穏やかに、ささやかながらも豊かな毎日を送ることができたらと思っています」とファンにメッセージを送った。大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)で共演した新垣と星野による「逃げ恥婚」に祝福の声が殺到している。

 そんな中、新垣の結婚をズバリ的中させたと話題になっているのが「芸能界最強占い師」と称されるゲッターズ飯田だという。芸能ライターが語る。

「『逃げ恥』が放送されていた16年11月、ゲッターズは『週刊プレイボーイ』誌上のコラムで新垣と星野を占った際、新垣について『結婚するとしたら、5年後の2021年かな』とコメント。決して『星野と結婚する』とは言っていないのですが、彼女の結婚時期を当てたことにネット上で驚きが広がっています」

 みごととしか言いようのないゲッターズの占いだが、続けて不穏な一言を付け加えていた。

「ところが、このコラムでゲッターズは新垣と星野について『現実では付き合ってもうまくいきません』と断言。『交際するとお互いの良さがつぶれてしまう』『破壊の星がある』と“破局の運命”を語っているんです。その後に、あくまで占いであるという意味のフォローの言葉も続けていますが、何だか心配な予言ですよ」(前出・芸能ライター)

 当たるも八卦、当たらぬも八卦。ここは占いを“超えてゆけ”!

(山倉卓)

関連リンク

  • 5/20 10:40
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます