キンプリ・高橋海人「ドラゴン桜」の熱演ぶりにファン涙腺崩壊

拡大画像を見る

 俳優・阿部寛が主演を務める日曜劇場「ドラゴン桜」(TBS系)の第4話が5月16日に放送され、世帯平均視聴率14.3%と前回より1.7ポイントアップ。初回以来の14%台の高視聴率をマークした。

 そんな中、King & Priceの高橋海人の熱い演技に注目が集まっている。

 このドラマは、2005年7月期に放送されて大ヒットとなった学園ドラマの続編。前作では、阿部演じる元暴走族の弁護士・桜木健二が倒産寸前のダメ私立高校から現役東大合格者を出そうと体を張って挑む姿を描いた。今作では、当時教え子だった水野直美(長澤まさみ)が弁護士資格を取り、再び落ちこぼれの高校生たちを東大に合格させる姿が描かれている。高橋が演じるのは東大合格を目指す東大専科の生徒・瀬戸輝。第4話では、授業に来なくなった瀬戸の実家のラーメン店を訪れた桜木が、瀬戸の姉が闇金から借りたお金が返済できずに苦しんでいることを知り、解決に乗り出す展開だった。

 闇金問題を解決した桜木はラーメン店を訪れ「本当は勉強したいんだろ?」「東大に行くことで人生を切り開ける」と説得。桜木に揺さぶられ、瀬戸は涙ながらに堪えてきた思いを吐露するのだった。

 高橋の迫真の演技に、ネット上には「瀬戸くんよかったぁぁぁ。自然な涙の海ちゃん演技上手すぎる」「桜木先生と瀬戸のシーン鳥肌立った」「海ちゃん圧巻の名演技、泣いた」といったコメントが書き込まれた。

「高橋は昨年10月期の有村架純主演のドラマ『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系)に出演。両親を亡くした悲しい過去を乗り越えて、姉や弟を励ましポジティブに生きる明るい長男役を好演。今作では、ぶっきらぼうながら姉や同級生に寄り添う不器用な高校生役という全く違った役どころを熱演しています。『VIVI国宝級イケメンランキング』では、2019年上半期下半期ともKing & Princeの平野紫耀が、2020年には上半期下半期とも同グループの永瀬廉が獲得。グルーブ内では最年少ながら、早くも高橋海人が今年選ばれるのではないかと期待されています」(芸能ライター)

「ドラゴン桜」をステップに、俳優として開花するか。

(窪田史朗)

関連リンク

  • 5/20 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます