白鵬本紀への招待状(2)「やっといま父の名言の意味がわかった」

拡大画像を見る

「週刊アサヒ芸能」で連載中の同時進行相撲マンガ「白鵬本紀」。監修をに担う白鵬関と作画担当の山崎享祐氏の打ち合わせの中で、ジグジドゥ・ムンフバトの話題になることがあった。白鵬関の父・ムンフバトは、モンゴル相撲の横綱で、英雄であった。

山崎 横綱にとってお父様は常に大切な存在でしたね。

白鵬 私は5人兄弟の末っ子でして、親父が44歳の時の子供でした。子というより孫のように可愛がってもらい、いつもどこに行くのも一緒でしたね。

山崎 お父様はモンゴル相撲の横綱でした。3大会続けてオリンピックのレスリング選手として出場し、メキシコ大会ではモンゴル人初の銀メダルを獲られました。

白鵬 そうですね。立ったまま相手を倒すモンゴル相撲をやりながら、寝技で結果を出すレスリングを同時にやることは、なかなかできることでないそうですね。私が6歳の時、初代若乃花さんがNHKの「世界の相撲のルーツ」という番組でモンゴル相撲の横綱であった親父を取材に来ました。私も一緒に若乃花さんにお会いして、日本のお菓子をいただいた記憶があります。そのお菓子は今思い返すと、「うまい棒」だったんですね(笑)。

山崎 当時のお父様は日本の横綱と同格のオーラがあったそうですね。

白鵬 親父は当時、議員をやっていたし、民主化の活動もしていました。そういう父親を見て育ちました。ユーモアもあり、いくつか名言もあります。「勝つ俺が焦ってないのに、負けるお前がなんで焦るんだ」

山崎 有名な言葉ですよね。モンゴル相撲で対戦相手にかけた言葉ですね。

白鵬 ようやく今頃になってその意味がわかってきました。自分に自信がないと言えない言葉でしたね。

関連リンク

  • 5/20 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます