NHK朝ドラ『おかえりモネ』清原果耶、永瀬廉、西島秀俊で爆上げも…期待はサンド!?

拡大画像を見る

 5月17日からスタートしたNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』。初回の平均世帯視聴率は19.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、前作『おちょやん』につづき20%を割ってしまったが、すでに『おちょやん』の最高視聴率18.9%を超えており、幸先のいいスタートを切った。

「東日本大震災から10年の節目にあたる年に、NHK東日本大震災プロジェクトの一環として制作されたドラマで、舞台も後に被災地となってしまう宮城県気仙沼市と登米市。清原果耶(19)演じる主人公の永浦百音(ながうら・ももね)こと“モネ”は気象予報士を目指して上京し、帰郷後も予報士の能力を生かして地域に貢献する、と紹介されていますね」(女性誌記者)

「第2の広瀬すず」と言われる清原の透明感あふれる演技や、朝ドラ史上初となる「令和」が描かれる現代劇であること、脚本担当が『きのう何食べた?』や『透明なゆりかご』(どちらもテレビ東京系)で知られる安達奈緒子であることなど、放送前から多くの注目ポイントがあったことで知られている『おかえりモネ』。イケメンすぎる男性出演者陣も、見どころの1つだ。

■西島と内野の再会が話題に

「内野聖陽(52)が百音の父で銀行マンの耕治を、西島秀俊(50)が気象キャスターの朝岡覚を演じるのも話題です。2人は19年に『きのう何食べた?』でカップルとしてW主演し、脚本も『モネ』と同じ安達さんでしたからね。ちなみに、『きのう何食べた?』は、今年劇場版が公開予定です」(前出の女性誌記者)

『モネ』では、2人は直接顔を合わせる場面はなかったが、西島が初登場した第2話が放送された時点ですでに、

《西島さんと内野さんがいつ対面するのか、果たして2人が会うことはあるのかとヤキモキしてる》《脚本家も同じ人なので、ついどっかで乙女になる内野さんとか、美味しいご飯を作り出す西島さんを期待しちゃってます(笑)》《西島さんと内野さんが出てるのだけ把握したおかえりモネ》

 と、反響は十分だった。

「特に西島演じる朝岡の人気がすごい。劇中でスーツが似合うイケメン気象予報士として絶大なおばさま人気がある描写がありますが、現実でも《毎日朝岡さんの天気予報で目覚めたい》《爽やかなだなぁ》《スーツ似合いすぎ》と大好評。さらに、西島の場合“潜入捜査官”という呼び名までついています(笑)」(前同)

 西島は14年に『MOZU』(TBS・WOWOW)で警視庁公安部特務第一課捜査官として主演を務めていた。そのため、『おかえりモネ』放送直後の『あさイチ』で博多大吉(50)で「潜入捜査中かしら?」とネタにされ、SNSでも「#おかえりMOZU」なるハッシュタグも出現したのである。

■あのお笑いコンビに期待する人も

「ほかにも、無愛想ながらも“人の命を救いたい”という情熱を見せる若手医師・菅波光太朗を坂口健太郎(29)が演じ、King&Prince(キンプリ)の永瀬廉(22)が同級生で周囲にモテモテの漁師見習い・及川亮として登場予定で、とにかくイケメンが大集合。そういう意味でも、実に見ごたえのある作品です」(前出の女性誌記者)

 すでに盛り上がっている『おかえりモネ』だが、多くの視聴者が、舞台が宮城県であることから「サプライズ」に期待しているという。

「お笑い芸人のサンドウィッチマンが、毎週土曜日放送の『おかえりモネ第〇〇週(朝ドラ1週間)』でナレーションをすると告知されているんですが、本編へのゲスト出演を望む声が多いんです。サンドの2人は地元愛が強く、東日本大震災の際も率先してチャリティ活動していたことで知られていますね」(前同)

 「東北の『心の復興』に並走してきた」という理由で放送批評懇談会が選定する第58回(2020年度)ギャラクシー賞・個人賞を受賞しているサンドウィッチマン。SNSではナレーターでのボケとツッコミに期待する声だけでなく、

《サンドウィッチマンとか村上弘明とか中村雅俊とか、他にカメオ出ないのかな?》《サンドウィッチマンって出演するのかな!?期待してしまう》《重要な場面で出てきて欲しい》

 という声もあるのだ。

■伊達はちょっと期待していた

「サンドは、実はドラマ方面でも活躍します。特に富澤たけし(47)は18年に『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)で“頼りがいがありながら、おかしみのある”自然体での演技を見せ、視聴者からも好評でした。NHKからも『サンドのお風呂いただきます』など、実に好かれているサンドですから、何らかの形で出演してほしいですね」(前出の女性誌記者)

 制作統括の吉永証氏はサンドの起用理由を、

「土曜日の案内役候補を考えたとき、真っ先に思い浮かんだのがサンドウィッチマンさんです。お二人の魅力は、何と言っても、人に対する優しい眼差しと、軽妙なトーク。故郷・宮城への愛と、視聴者と同じ目線で見てくれるのは、お二人しかいないと、お願いしました」

  と、抜擢理由を明かしているほか、伊達みきお(47)は、

「このお話をいただいて、率直な感想は「あ、ドラマ出演じゃないんだ」っていう…(笑)」「宮城が舞台だから、ちょい役あるかもって思ってましたけどね。まあ、もし俺がやるなら登米の森林組合のベテラン作業員とかかな」

 と、ちょっとだけ期待していたことを明かしている。

 好感度ナンバーワン芸人であるサンドウィッチマン。舞台は現代、本人役でのゲスト出演というのも十分ありえるかも!?

関連リンク

  • 5/20 8:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます