玉木宏“漣”、義父・椎名桔平“千堂”への復讐を誓った下剋上バトル第2部がスタート

拡大画像を見る

玉木宏主演のドラマ『桜の塔』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第6話が、5月20日に放送される。

本作は、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(2019年、日本テレビ系)など衝撃作を次々と手掛けてきた脚本家・武藤将吾が紡ぐオリジナルストーリー。警視庁を舞台に、頂点である“警視総監の座をめぐる出世争い”を通した野望と正義が入り乱れる究極の人間ドラマ。玉木が演じるのは、幼少期の“ある出来事”が火種となり、権力を手に入れることを渇望するようになった警視庁捜査共助課の理事官・上條漣。漣の幼馴染で、正義感に燃える警視庁捜査一課の水樹爽を広末涼子が演じる。

前回放送された第5話では、漣の父・勇仁(岡部たかし)を“自殺”へ追いやったのが千堂大善(椎名桔平)だと知り反撃に出た漣だったが、千堂の圧倒的な力に屈し、復讐を誓うというストーリーが展開。第1部完結編とあり、インターネット上では「完全敗北」「手強すぎる」「千堂さんが一枚上手」「コテンパンにやられちゃったなぁ~」という声や、来週からはじまる第2部に向けて「どう反撃するのか楽しみ」といったコメントが多数寄せられた。

<第6話あらすじ>
警視庁の押収品横流し事件を追っていた父を“自殺”へ追いやった千堂大善(椎名)――自らが所属する「外様派」のトップであり、恩人でもあった彼を失脚させるため、決死のクーデターを企てるも、完膚無きまでの失敗に終わり、千堂の娘・優愛(仲里依紗)と結婚式を挙げて5年……。悪魔に魂を売ってでも、このままでは終わらせないと誓った上條漣(玉木)は、警視庁刑事部捜査ニ課の課長に着任し、順調にエリートコースを歩んでいた。一方、今や副総監となり、警視庁において一介の派閥にすぎなかった「外様派」を一大派閥「千堂派」へと押し上げた千堂を必ずや倒すべく、獰猛な牙をひた隠しながら“その時”を待ち続けていた。

そんな折、漣は国会議員・加森沙代里(中田有紀)の受託収賄罪の証拠をつかむ。だが、千堂から立件許可が下りず、手をこまねく日々……。業を煮やした漣は千堂に直接詰め寄り、立件すべきだと強く進言する。もちろん、千堂が己の決断を覆すはずもない。2人の間にはあわや一触即発の空気が漂うが、捜査ニ課へ異動し漣の部下となったキャリア組警察官・富樫遊馬(岡田健史)が咄嗟に場を取り持ち、事なきを得ることに。元同僚で現在は恋人でもある富樫から一部始終を聞いた捜査一課主任・水樹爽(広末)は、幼馴染である漣の今後を心配するが……!?

その矢先、加森議員の立件になくてはならない証拠データが根こそぎ消えてしまった! さらに、千堂が再び漣に対し、立件見送りを念押し。証拠をすべて奪われた漣は、千堂が確実に裏で糸を引いていることは察知しつつも、なすすべがなく……。

やがて、この5年間息をひそめ、好機をうかがっていた人物たちが次々と旗揚げ。義理の親子であるからこそ、絶対に負けられない……「正義」と「野望」が真っ向から火花を散らす「第2の派閥バトル」がついに幕を明ける――。

関連リンク

  • 5/20 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます