クリスタル・パレス、今季躍進のMFエゼがアキレス腱負傷で年内絶望か

拡大画像を見る

 クリスタル・パレスに所属するイングランド人MFエベレチ・エゼに年内絶望の可能性があるようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が19日に報じた。

 エゼは18日のトレーニング中にアキレス腱を負傷した模様。19日には専門医の診断を受けるようだが、最悪の場合、6〜8カ月の離脱を強いられるという。復帰は2022年になる可能性があるようだ。

 イギリスメディア『BBC』によると、ロイ・ホジソン監督は同メディア『BTスポーツ』のインタビューでエゼについて「特に彼にとっては酷いことだ」とコメントしている。

「彼はいいシーズンを過ごし、プレミアリーグでいいスタートを切ってどんどん良くなっていた。彼はチームの重要なメンバーだ。異常な状況を見て、どのように負傷したか理解するのは不可能だ。そして、深刻なケガを負うのを見て全員がショックを受けている。彼は回復力のある若手だ。強くなって戻ってくるだろう」

 現在22歳のエゼは昨年夏に2部のクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)からクリスタル・パレスに移籍。今シーズンは初挑戦のプレミアリーグで34試合に出場し、4ゴール6アシストを記録する活躍を見せていた。

関連リンク

  • 5/20 3:48
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます