伊藤健太郎、『今日から俺は!!』で復帰報道にフジテレビがブチ切れ!? 「永久に出入り禁止!」の声が上がるワケ

 5月18日付の「東京スポーツ」が、俳優・伊藤健太郎の“復帰作”について報じた。昨年10月に“ひき逃げ事故”を起こし、現在は芸能活動休止状態にある伊藤だが、マスコミ関係者によれば、「彼に対する世間からの風当たりは今なお強く、今回の復帰報道は業界内でも物議を醸している」という。

「伊藤といえば、2018年10月期放送の連続ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)で主要キャラクター・伊藤真司役を好演。同作はネット上の評判も良く、20年7月には映画『今日から俺は!!劇場版』も公開されました。伊藤はこの作品がきっかけでブレークを果たし、その後、さまざまな作品に出演していましたが、同10月28日、乗用車を運転中にバイクと衝突して現場から逃走。自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕(のちに不起訴)されました」(芸能ライター)

 その2日後となる30日に公開予定だった伊藤の出演映画『とんかつDJアゲ太郎』は、事故の影響によって大きな注目を浴びることに。作品は再撮影・再編集なしで予定通り上映されたものの、同作のPRを兼ねて出演予定だった『アウト×デラックス』『でんじろうのTHE実験』『ほんとにあった怖い話 2020特別編』(すべてフジテレビ系)は、伊藤の出演シーンをカットして放送された。

「今年3月25日に不起訴処分が決まった伊藤は、同日中に所属事務所の公式サイトや自身のTwitter上で謝罪コメントを発表。同26日発売の『フライデー』(講談社)の直撃インタビューにも応じ、謝罪に徹していました。その後、4月28日発売の『週刊新潮』(新潮社)に登場した際は、謝罪の言葉を述べつつ、“事故直後に現場から去った理由”について『その場で止まるよりも明治神宮外苑アイススケート場のほうに回って戻ってくるほうが安全だと判断した』と説明。5月1日放送の『新・情報7Daysニュースキャスター』(TBS系)にVTR出演した際は、『逃げている認識はなかった』とも語っています」(同)

 現場は交通量が多く、大きい車を運転していたことから、伊藤は周囲の安全を考慮した上で、一旦現場から離れる選択をしたようだが、これらの発言はネット上で「言い訳がましい」と批判され、大炎上。謝罪は失敗に終わってしまった。

 そんな中、今月18日には「東スポ」が、伊藤が『今日から俺は!!』の続編ドラマ、もしくは同作の映画版で復帰する可能性を伝えた。

「すでに映画化を果たした人気作とあって、続編の制作案は実際に出ているようですが、伊藤の続投は微妙なところ。日テレ関係者も『現時点で、伊藤を出演させるという話にはなってない』と言っていて、『むしろ局内でも、今回の「東スポ」の記事は、世間の反応を窺う“観測気球”では』とささやかれているそう。結果として、ネット上では『復帰するにしてもまだ早いし、甘すぎ』『日テレも何考えてんの?』と批判が噴出したため、続編制作が実現しても、伊藤を出演させることは難しそうです」(週刊誌記者)

 また、「東スポ」の復帰報道には、フジテレビも激怒しているとか。

「伊藤は、20年1月放送の同局スペシャルドラマ『教場』のラストに登場し、続編となる『教場II』(21年1月放送)にも出演予定でしたが、事件により降板。フジは急きょ、ジャニーズWEST・重岡大毅を代役に立てることとなりました。これに加え、出演予定だったバラエティ番組や『ほん怖』の編集対応など、あらゆる企画変更を余儀なくされたにもかかわらず、不起訴処分後の独占インタビューはTBSに持っていかれてしまった。さらに、復帰作は日テレという話まで浮上したため、フジ内部では『伊藤は永久に出入り禁止!』との声まで出ているそうです」(同)

 一連の騒動により、違約金は約8億円にものぼるという伊藤。多額の借金を抱える身としては焦る気持ちもあるだろうが、復帰にはまだまだ時間がかかりそうだ。

  • 5/19 19:29
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 不起訴処分になって、被害者とも示談成立してるんだから、もうこれ以上関係ない外野が騒ぐ必要ないんじゃない? それよりも本業である俳優業を誠心誠意続けることが、社会への贖罪になるんじゃないかな?

記事の無断転載を禁じます