松本人志「えーー!ウソでしょ」 打ち切り「クレイジージャーニー」復活放送され

拡大画像を見る

 2019年に不適切演出が問題となって打ち切りとなったTBS「クレイジージャーニー」が、19日、2時間特番で復活し、放送された。

 冒頭トークで松本人志、設楽統、小池栄子が登場。設楽が「さあ始まりました、クレイジージャーニーでございます」と挨拶すると、松本が「えーー!ウソでしょ」と返した。

 「うれしい」という小池に、松本は「ぼくはあんまり、覚えて…クイズ番組でしたっけ?早押し?」とボケた。

 今の世の中の状況から「こういう番組は貴重よね。人がどっかいってるの見るのは楽しいからね」と語った。

 同番組は19年9月に不適切演出があったと公表。同年8月14日の放送で、事前に用意していたトカゲやサンショウウオなどを、あたかも自然に発見したかのように放送していたことが発覚した。それ以外の放送日にも同様の演出があったとし、調査が完了するまで番組を休止。その後、打ち切りが決まった。

 この日は冒頭のナレーションで「視聴者の皆様にご心配をおかけしたクレイジージャーニーですが、温かいご声援を受け、心機一転、ジャーニーたちの新たな旅をお届けできることになりました」と伝えた。

関連リンク

  • 5/19 22:02
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます