必ず観たい!おすすめ最新映画(洋画)10本【2021年公開】

拡大画像を見る

2021年も昨年に引き続き映画界にとって厳しい状況が続いていますね。多くの話題作が公開延期となってますが、その分観るべきタイトルが目白押しになっています。今回は2021年に公開された、もしくはされる予定で映画ファンであれば押さえておきたい最新映画をご紹介します。

*公開日は執筆時点の情報です。最新の公開日は公式HPでご確認ください。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

劇場公開日 2021年

イギリスの敏腕スパイ、ジェームス・ボンドの活躍を描く「007」シリーズ25作目。

現役を退き穏やかな生活を送っていたボンドが、旧友が助けを求めてやってきたことをきっかけに、再び過酷なミッションに挑む。
前作「007 スペクター」から引き続き、レア・セドゥー、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ロリー・キニアらに加え、「ボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレックが参加。
監督は「TRUE DETECTIVE」の日系アメリカ人キャリー・フクナガ。

ダニエル・クレイグが5度目のボンドを演じる本作は、やはり映画ファンなら外せません。

キングスマン:ファースト・エージェント

劇場公開日 2021年12月24日

表向きは高級紳士服テーラーだが、裏の顔は世界最強のスパイ組織である"キングスマン"の誕生の秘話を描くシリーズ第3弾。
1914年、第一次世界大戦を背景に人類滅亡を食い止めるため、英国貴族のオックスフォード公とその息子コンラッドが秘密組織を結成し、奔走する姿を描く。

「ハリー・ポッター」シリーズでヴォルデモートを演じたレイフ・ファインズがオックスフォード公を、「マレフィセント2」のハリス・ディキンソンがコンラッドを演じる。
監督、脚本、製作は全2作同様にマシュー・ボーンが務めています。

ワンダーウーマン 1984

劇場公開日 2020年12月18日

ガル・ガドットがDCコミックスの人気キャラクターを演じ大ヒットとなった「ワンダーウーマン」の続編。

恋人スティーブを失って悲しみに暮れるダイアナの前に、なぜか死んだはずのスティーブが現れる…。
前作に続いて主演はガル・ガドット、恋人役をクリス・パインが演じています。
共演にクリステン・ウィグ、ロビン・ライト、ペドロ・パスカルら。

新たなコスチュームを身にまとい、さらにスケールアップしたアクションを繰り広げるワンダーウーマンに注目です。

ブラック・ウィドウ

劇場公開日 2021年7月9日

「アベンジャーズ」シリーズでも活躍した凄腕の暗殺者であり世界最高のスパイ、ブラック・ウィドウが主人公を務めるアクション。
知られざるブラック・ウィドウの過去に迫り、なぜ彼女がアベンジャーズの一員となったのかが明かされます。

主演はもちろん長年同役を演じてきたスカーレット・ヨハンソン。
共演に「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」でアカデミー助演女優賞にノミネートされたフローレンス・ピューや「ストレンジャー・シングス」のデヴィッド・ハーバー。

「ワンダーウーマン 1984」と並んで、女性ヒーローの活躍に注目です。

トップガン マーヴェリック

劇場公開日 2021年

トム・クルーズの出世作である1986年公開の「トップガン」の続編。
アメリカ海軍のエリートパイロット養成学校トップガンに、伝説のパイロットであるマーヴェリックが帰ってくる。

主人公はもちろんトム・クルーズ。
「セッション」のマイルズ・テラー、「ビューティフル・マインド」のジェニファー・コネリー、「アポロ13」のエド・ハリスが共演。
前作でマーヴェリックのライバル、アイスマンを演じたバル・キルマーも再出演しています。

シャン・チー/テン・リングスの伝説

劇場公開日 2021年9月3日

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)として初めてアジア系のヒーローが主役となる作品。

卓越した武術を身に着けた主人公のシャン・チーと彼の実の父親でもあるヴィランとの戦いを描く。
「アイアンマン」シリーズなどでも描かれた悪の組織"テン・リングス"の謎にも注目。

主演に抜擢されたのは、中国系カナダ人俳優のシム・リウ。

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ

劇場公開日 2021年

スパイダーマンの宿敵ヴィランであるヴェノムを主人公にしたヒット作「ヴェノム」の続編。
ヴェノムそっくりで、スパイダーマンとヴェノムをしのぐ力を持つともいわれるカーネイジも登場するということで、ファン注目の作品。

前作に引き続きトム・ハーディが主人公を演じており、カーネイジ役にウディ・ハレルソンが起用されています。

ジャングル・クルーズ

劇場公開日 2021年7月30日

ディズニーランドの人気アトラクション「ジャングル・クルーズ」を題材にしたアドベンチャー。
永遠の命が手に入るという秘宝「クリスタルの涙」に魅了されたヒロインと、陽気なクルーズツアーの船長がアマゾンの奥地で大冒険を繰り広げる。

船長役にドウェイン・ジョンソン、ヒロインの女医にエミリー・ブラント。
監督は「トレイン・ミッション」「フライト・ゲーム」のジャウム・コレット=セラ。

ウエスト・サイド・ストーリー

劇場公開日 2021年12月10日

1957年に誕生したオリジナル・ブロードウェイ・ミュージカルで、1961年には映像化されてアカデミー賞10部門を制した名作「ウエスト・サイト物語」をリメイク。

監督はスティーブン・スピルバーグ。
主演は「ベイビー・ドライバー」で一躍注目を浴びた若手実力派俳優アンセル・エルゴート。

1957年のニューヨークを舞台に、敵対する2つの非行少年グループの闘争の中、若い男女が恋に落ちるさまを描き出す。

50年以上を経てリメイクされる名作ミュージカルは要注目です。

ジェントルメン

劇場公開日 2021年5月7日

「アラジン」が大ヒットとなったガイ・リッチー監督が放つクライムコメディ。
マリファナ帝国を築いた主人公がビジネスを売却しようとしているうわさが立ち、その所有権を狙って起こる騒動を描く。

「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」(98)や「スナッチ」(00)など、ガイ・リッチーの原点ともいえる作風に回帰した作品。

マシュー・マコノヒー、ヒュー・グラント、チャーリー・ハナム、コリン・ファレルら豪華キャストが出演しています。

関連リンク

  • 5/18 19:38
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます