TBS・安住紳一郎アナ、今秋から朝の顔に 16年ぶりに生放送の帯番組担当

拡大画像を見る

 TBSの安住紳一郎アナウンサーがこの秋スタートの朝の新情報番組(TBS系/タイトル未定)でMCを務めることが発表された。入社25年目の安住アナウンサーが生放送の帯番組を担当するのは16年ぶりとなる。

 『ぴったんこカン★カン』『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』などを担当し、さらに毎年恒例の『輝く!日本レコード大賞』の総合司会を9年連続で務めるなど、情報番組、バラエティ番組をはじめ、音楽、スポーツ、SDGs、そしてラジオと、幅広いジャンルを担当してきた安住アナウンサー。

 そんな安住アナウンサーが、『ジャスト』(TBS系)以来16年ぶりに生放送の帯番組のMCを担当することが決定。「ニッポンの朝が見える」をコンセプトに、今求められるニュースやさまざまな情報を、的確かつ誠実に届ける新番組では、JNN各局からの列島中継なども交え、テンポよく新鮮な情報を伝える、1日の始まりにふさわしい番組となる。

 安住紳一郎アナウンサーがMCを務める朝の新情報番組は秋スタート。

関連リンク

  • 5/19 17:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます