変態紳士クラブ 1stアルバム『ZURUMUKE』リリースで「やっとスタートラインという感じ」

変態紳士クラブのWILYWNKAさんとVIGORMANさんが、5月18日(火)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。6月のCDリリースを前に5月14日に先行配信された1stアルバム『ZURUMUKE』について、パーソナリティのさかた校長とこもり教頭の質問に答えました。



変態紳士クラブは、2017年にラッパーのWILYWNKA(ウィリーウォンカ)さんと、レゲエ・ディージェイのVIGORMAN(ヴィガーマン)さんが、プロデューサー/トラックメーカーのGeG(ジージ)さんを介して結成した3人組ジャンルレス・ユニットです。2020年4月リリースの2nd EP『HERO』収録曲「YOKAZE」は、総再生回数が約6,000万回を記録。先行配信中の1stアルバム『ZURUMUKE』は、Apple MusicやiTunes、LINE MUSICなどのアルバムチャートで1位を獲得。収録曲の「Eureka (feat. kojikoji)」は、今年秋に公開される『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の主題歌に決定しています。



さかた校長:変態紳士クラブ先生は、現在ファーストアルバムの『ZURUMUKE』が先行配信中です。6月16日にCDも発売されますが、アルバムは初なんですよね?

VIGORMAN:そうなんです。結成して4年ぐらいは経つんですけど、EP2枚しか出したことなくて。やっと変態紳士クラブ名義の楽曲だけで、2時間くらいワンマンライブができるようになったというか。やっとスタートラインという感じはありますね。

さかた校長:普段はどういうふうに楽曲制作をしているんですか?

WILYWNKA:ホンマにたまって(集まって)……「最近どう?」みたいな話から始まり……(笑)。

VIGORMAN:みなさんが思うより、遊びの延長感が強いかもしれないです。

こもり教頭:へ~。

さかた校長:集まって話しているうちに「そのテーマよくない? 録ってみよう」みたいになるんですか?

VIGORMAN:スタジオとかGeGの家におるときに……GeGが自分の作っているトラックをかけ始めたりしたときに、そのままのノリで書いてしまおか、となることもあるし……。

WILYWNKA:スタジオに集まって入る日もあるし、田舎まで書きに行ったことも(笑)。

VIGORMAN:宮古島で合宿したり……(笑)。

こもり教頭:いいですね。



さかた校長:コロナ禍での制作は、どのようにされたんですか?

VIGORMAN:コロナ前やったら……ソロでも俺らはやってるんで、ツアーとかで地方のクラブとかを回ることが多かったんです。なので、週末はなかなか一緒にいれないし……WILYWNKAもライブしてるし、僕もライブしていて。そういう意味では、けっこうやりやすかったです。一緒にいる時間が多かったよな?

WILYWNKA:しかもソロと違って半分半分なんで、リリックを書くのもけっこうサクっといけるというか。

VIGORMAN:極論、ワンバース、ワンフック書いちゃったら、もう1人がワンバース書けば1曲できるんで。

こもり教頭:なるほどね。

さかた校長:影響し合って、ポンポンとアイデアが浮かぶこともあるんですか?

VIGORMAN:みんなで話し合うことが多いですね。というか今回のアルバムは、全曲ぐらいで3人が集まって作ったと思います。

さかた校長:だからかもしれないですけど、このアルバムを聴くと「おい! お前頑張れよ!」じゃなくて、「こっちに来て一緒に話そうぜ! 遊ぼうぜ!」みたいな感じがしました。ずっと心地良かったんですよ。みんなで集まってしゃべって……の延長線上の感じが伝わったのかな、って。

VIGORMAN:そうですね。そう言ってもらえるのは嬉しいな?

WILYWNKA:そのスタイルなので。逆にそこ以上にいくことも……。

VIGORMAN:頑張りすぎひんようには(しています)。

さかた校長:うん。すごく心地いい曲の中には、「これは深酒してるよなぁ」「飲んでますよね?」という曲もあって(笑)。

VIGORMAN:私生活で本当に飲むから、たとえば(7曲めの)「ボロボロ」という曲やったら、酒でボロボロになるし……(10曲目の)「Good Memories」でいい思い出を思い返しても、友達と飲んだ思い出が出てくるし。自然に酒のことが入っているんですけど、お酒の歌というのは1曲も無いんですよね、今回のアルバムでは。でもライフスタイルそのまま、って感じはするよな?

WILYWNKA:ツイッターやニュースを見て「大変や……」と思ったら、「最近、世間は大変らしいぞ」という話から、曲を作ったりもしましたし。

VIGORMAN:その辺はみんなと一緒です。

さかた校長:(コロナ禍での制作で)ニュースを見て心の変化もあったと思いますが、改めてどういうアルバムになりましたか?

WILYWNKA:12曲ジャンルレスの……僕がヒップホップでVIGORMANがレゲエで、GeGがもともとバンドマンというのがあって、ジャンルレスなダンスソウルもあるしヒップホップもあるし……。

VIGORMAN:ロックもあるし……。

WILYWNKA:テクノっぽいちょっとレイヴ感ある曲もあるし。いろんな顔の12曲があるんで、「俺の好みはこの曲やなぁ」とか言いながら楽しんでほしいです(笑)。


【変態紳士クラブ - 1st Album『ZURUMUKE』全曲試聴動画】

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年5月26日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/19 17:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます