【海外競馬】米のB.バファート厩舎、薬物問題でベルモントSなどニューヨークでの出走不可に

拡大画像を見る

 現地時間17日、アメリカのニューヨーク州競馬協会(NYRA)はベルモントパーク、サラトガ、アケダクトの3競馬場において、ボブ・バファート厩舎管理馬の出走を一時停止することを発表した。

 1日に行われた米三冠競走の初戦・ケンタッキーダービー(米G1)を制したメディーナスピリット(Medina Spirit、牡3)から、レース後に禁止薬物ベタメタゾンの陽性反応が検出されたため。本件については現在、別サンプルの検査が行われている。

 メディーナスピリットはその後、15日に行われた三冠競走の第2戦・プリークネスS(米G1)に出走して3着。

 同馬などが6月5日にベルモントパーク競馬場で行われる三冠最終戦・ベルモントS(米G1)への出走が不可になるほか、米競馬メディア『Blood Horse』によると同日同場のメトロポリタンH(米G1)に、僚馬でサウジC2着のシャーラタン(Charlatan、牡4)が出走予定だった。

関連リンク

  • 5/19 12:05
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます