田村正和さん偲び、谷原章介「いっつもアルマーニ」 泉谷しげるはロケ弁巡り「怒られた」 西田尚美も…共演者が明かす

拡大画像を見る

俳優で情報番組『めざまし8』のメインキャスターを4月から務めている谷原章介(48)は19日、同番組で「ああ、もうこの方にお会いすることはできないんだな、この世にはいないんだなと思うとすごく寂しくなります」と心境を語った。

谷原は、TBS系日曜劇場枠で放送されたテレビドラマ『おとうさん』(2002年10月期)で田村正和さんと共演している。ドラマでは4姉妹(飯島直子、中谷美紀、広末涼子、深田恭子)の父親役を田村さんが主演し、中谷演じる次女の恋人役の谷原は「(田村さんが劇中で)義理のお父さんになったんです」と説明した。そして撮影現場での田村さんについて「本当に物静かな方で、声を荒げることもなくて、僕みたいな若手にもすごく配慮して気配りしてくださるような優しい方」と振り返った。それ以来会う機会はなかったというが「いつでも田村正和という方がこの世にいてくれる、役者として先輩でいてくれるという心強さといいますか…。いなくなるだろうと想像もしていなかったことなので本当に昨日はショックを受けました」としんみりした。

また田村正和さんの代表作の1つであるフジテレビ系『古畑任三郎』シリーズについて谷原が役者目線で感嘆したのは、事件の謎解きの前に古畑がモノローグで語るシーンだ。「普通のご自身がいる演劇の舞台の芝居のなかでいきなりモノローグで自分語りで芝居に入る。全然違う作業に入っていくんですね。それってもちろん演出の妙もあるんですけど、田村さんだからこそできる説得力みたいなものがすごくあると思います。これは本当に田村さんしかできない魅力ですね」と述べた。

他にも谷原は「いっつもね、アルマーニのスーツ着てるんですよ。アルマーニのカジュアルな服とか。柔らかい素材を細身の体で優雅に着こなしてらっしゃって。撮影所の車回しのところに黒塗りのセンチュリーでパッと降りられるとアルマーニで。スタジオに入るときもリハーサルのときでもいっつもアルマーニ。素敵だなあと思って」とプライベートが謎に包まれている田村さんの貴重なエピソードを披露した。

また歌手で俳優の泉谷しげる(73)は19日に「正和さんが逝くとは……!」と題してブログを更新し、「田村正和さんの訃報には驚くしかなかった」と驚きを隠せない様子。これまでに何本かテレビドラマで共演経験がある泉谷は「その頃は乱暴者キャラで生意気だったオイラだったもンで、田村正和の“孤高”な振る舞いが理解出来ず、気分は勝手に“一触即発”だったかも(笑)」と回顧して、田村さんから怒られたエピソードを明かした。「オイラが、ロケ弁当が冷えてて美味しくない~とブーたれてると『出されたモノはありがたく黙って食え!』と正和センパイに怒られてしまったではないか……」と意外な思い出を綴った。

さらに田村正和さん主演のフジテレビ系テレビドラマ『さよなら、小津先生』(2001年10月期)などで共演した女優の西田尚美(51)は、18日にツイッターで「ダンディでお茶目な正和さんと何本か作品でご一緒出来たこと、とても幸せで 『さよなら小津先生』 スタジオの、職員室のセット… いつも楽しかったです、、ずっと皆で笑ってたような気がします」と同作のDVD-BOXにも使われている写真を添えた。写真で田村さんはソファーに座り、頬杖をつき、カメラを見据えている。西田は「さびしいです、あぁやっぱりかっこいいですね 心よりご冥福をお祈りいたします」と偲んだ。

画像3枚目は『西田尚美 2021年5月18日付Twitter「ダンディでお茶目な正和さんと何本か作品でご一緒出来たこと、とても幸せで」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

関連リンク

  • 5/19 15:14
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます