雨キャンプでも楽しめる!楽しみ方や設営のコツ&持ち物などをご紹介

拡大画像を見る

雨の日ならではのキャンプの楽しみ方をキャンプ通の筆者がご紹介!雨でもしっかり対策をすれば、安心してキャンプを楽しめます。雨の中での設営のコツやタープの貼り方などの対策から、必須の持ち物までご紹介するのでぜひ参考にしてみてください!


【実践編】雨キャンプでも楽しめる!雨の日にやっておきたいこと


雨キャンプには「サイト選び」も大事


pixta.jp


サイト(テントを張る場所)は雨を考慮して選びましょう。

水はけがいい芝生や砂利の上がおすすめ!地面がしっかりしているので、テントが張りやすく行動もしやすいのが特徴です。一方で土が多い地面はぬかるんだり、汚れやすいので注意が必要!川岸なども水かさが増す可能性があるので避けるべきです。

サイトはキャンプの土台になるので雨の中でのキャンプはもちろん、突然の雨にも備えてサイト選びをしましょう!


雨キャンプの必須アイテム「タープ」はこう張るべし!


pixta.jp


雨の日のキャンプを楽しむためには、タープが必須!雨の中での設営時は、タープから設営しましょう。タープから設営することによって、雨宿りしながらテントを準備したり荷物置きができるので楽になります。

筆者の経験上、タープは急傾斜でしっかりと張るのがおすすめ。タープ上で雨が溜まり重さに耐えらず崩れてしまった苦い経験もあるので、雨が溜まらないように注意しましょう!

またテントはタープの下に入れるか、可能であれば連結させましょう。そうするとテントに出入りする際に濡れることがなく、荷物やテントの入り口も濡れにくくなるので安心です。


ペグの上に重りを置いて、強化しておくのがおすすめ!


pixta.jp


タープ崩壊の予防として、ペグを強化しておきましょう!

雨の日の地面はぬかるんでペグが抜けやすくなってしまうので、注意が必要です。芝生などの強度の高い地面に差し込んだり、ペグの上に重りを置いて丈夫なタープを作りましょう!


【持ち物編】雨キャンプでも楽しめる!雨の日対策にも必見!


雨キャンプの必須アイテム「カッパ」


pixta.jp


雨の日のキャンプで欠かせない便利なグッズが「カッパ」です。

テントを張るのも、物を運ぶのも、アウトドアは手作業がほとんど!両手がふさがるシチュエーションが多いので「カッパ」を持っていきましょう。防寒対策にもなるので、全身を包むタイプのカッパがおすすめです。

1人1つ常備しておくのをおすすめします!


雨キャンプの万能グッズ「ブルーシート」


pixta.jp


続いてご紹介するアイテムは「ブルーシート」。

「ブルーシート」は軽くて手軽に持ち運べるので、ちょっと雨をしのぎたい時に最適。タープを張るまでの荷物置きなどに重宝します。また撤収時に、濡れたテントやタープを包んで持ち帰るのにも便利です!

包んで持ち帰ったタープやテントは、自宅に戻って晴れの日に干しましょう。


晴れの日にも「グラウンドシート」


pixta.jp


続いてご紹介するのは、雨の日にテントの下に敷く「グラウンドシート」。

「グラウンドシート」はブルーシートより、厚みがあり防水性と耐久性に優れたアイテム。テントの下から水が染みるのを防いでくれるアウトドアグッズです。雨の日だけでなく晴れの日でも、レジャーシートとして利用したり、地面での荷物置きとして使えるので持っておいて便利なアイテムです!


【料理編】雨キャンプでも楽しめる!雨の日はこうしよう!


雨の日も「バーベキュー」を楽しめる


pixta.jp


キャンプの楽しみの1つである「バーベキュー」。しかしタープの下で炭火を使うと、火の粉が飛んで穴が開いてしまいます。

そんな時には、鉄板でのバーベキューがおすすめ!鉄板で焼くお肉や野菜は、炭火とはまた違った味わいになります。また鉄板なら余った具材でシメの焼きそばも作れるので、炭火とはひと味違う楽しみ方ができます!


雨の日は鉄板で餃子パーティーがおすすめ


pixta.jp


雨の日のキャンプ料理で筆者がおすすめするのは「餃子作り」。

キャンプ椅子に腰をかけながら、タープの下でのんびり餃子を包むのも雨の日ならではの楽しみ方!焼いたり茹でたり、面白い具材を入れてみたり、子供も一緒に参加できるのでおすすめです。

屋根の下でゆっくりと料理をするのも雨の日ならではの楽しみ方です。


【遊び編】雨キャンプでも楽しめる!雨でも楽しみ方無限大!


雨の日に盛り上がる!「ゲーム」


pixta.jp


続いてご紹介するのは、雨の日のキャンプでの楽しみ方!

手軽に持ち運べる「カードゲーム」や「ボードゲーム」は、仲間や家族でワイワイ盛り上がること間違いなしのおすすめアイテムです!雨の日のキャンプをより楽しくしてくれます。


近くの「体験プラン」を探してみよう



雨の日の泊まりキャンプでは、近くの工場見学やもの作り体験スポットを探してみるのが筆者のおすすめ。

郊外には、車でドライブすれば工場見学を楽しめるところがたくさんあります。馴染みの商品ができるまでの過程をみれたり試食ができたり、子連れの家族でも楽しめる穴場スポットを探してみてください!


【撤収編】雨キャンプで楽しんだら!雨の日撤収作業対策


ドライバックを利用して雨対策!


www.amazon.co.jp


雨キャンプを充分楽しんだ後は撤収作業!荷物を運ぶ時やタープを片付ける時に、荷物一式が濡れてしまうのが煩わしい雨の中の作業。

そこでおすすめなのが「ドライバッグ(スタッフバッグ)」です。ドライバッグは軽くて持ち運ぶのにストレスがなく、防水性が高いので濡らしたくない荷物を入れておくのがおすすめ!

また耐久性にも優れているので、雨や泥で汚れたタープやテントを入れて持ち帰るのにも最適。ビニール袋は破けて車を汚してしまう可能性がありますが、ドライバッグなら丈夫なので安心です。


雨雲レーダーでタイミングをはかる!


pixta.jp


雨の中の撤収作業はタイミングも大切!雨が弱くなるタイミングを狙って、一気に片付けるのがポイントです。

そんなときは「雨雲レーダー」を確認しましょう!雨雲レーダーは、雨雲の動きをリアルタイムでチェックできるので、現在地の雨があとどれぐらいで弱まるかすぐに分かります。

うまく活用してタイミングよく撤収作業をしましょう!


【おすすめキャンプ場】雨でも大丈夫!関東・関西別にご紹介





雨の日でもキャンプを楽しもう!


pixta.jp


今回は、雨の日のキャンプの楽しみ方をご紹介しました!雨の日のキャンプは晴れの日とは違った楽しみ方があります。普段からできる対策から、突然の雨で重宝するグッズまで紹介したのでぜひ活用してみてください!

関連リンク

  • 10/20 15:47
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます