真面目過ぎて恋愛できない女子にありがちなこと4つ

20代、30代でも未婚率が高くなっていると言われていますが、たしかに結婚どころか恋愛もおぼつかない、難しいという人もきっと増えていることでしょう。そのなかでも性格的に真面目過ぎて恋愛できない女子が多くいると感じます。真面目って長所なはずなのにどうして? そんな女子にありがちなことを考えてみました!

うまくいかないと自分自身を全否定する

生真面目な女子ほど気になる男性にアプローチするのも時間がかかります。そしてやっと勇気を出して告白してうまくいかないと、「私に魅力がないからなんだ」と全否定してしまいがち。「しょうがないな、でもきっとまたステキな人が現れるに違いない!」とうまく気分転換することができないのです。その結果、たった一度の失恋でもほぼトラウマ状態となり、次の恋にいつまでも進めない……なんてことがよくあります。

失恋からいつまでも立ち直れない

好きになったら一直線というのが真面目女子の特徴。とことんのめり込み、態度には表せなくても交際の初期から結婚を視野に入れていたりします。でも一途なため、破局してしまうと、ショックからいつまでも立ち直れないなんてことにも。
また真面目な性格が災いし、すぐに他に好きな人ができることにも自己嫌悪を覚えてしまいます。いつまでも心変わりせず、純粋にひとりの彼を思うのが理想の恋愛、という思い込みも強いのでしょう。

自分自身にプレッシャーをかけすぎる

せっかく彼ができたとしても、真面目なタイプの女子ほど「彼のためにもっといい彼女にならなきゃ」と頑張りがち。努力すれば必ず結果が出ると信じて、“いい彼女”になるべく、ファッションを変えたり、彼の考えに合わせたりと自分自身にプレッシャーをかけすぎてしまいます。でも結局、そんなふうにプレッシャーを感じているようではハッピーではないし、むしろストレスがたまる一方。そのため恋愛もうまくいかなくなるのです。

自分と違うタイプは耐性がない

真面目であるということは長所なのですが、恋愛ではそれがかならずしも長所として表れないこともあります。真面目なタイプほど恋人にも自分と同じように堅実で、努力家であることをどこかで期待しています。
そのため自分と違うタイプの異性については耐性がなく、何かが食い違うとすぐにせっかくの恋愛をあきらめてしまうことも多いのです。真面目さがアダとなり、柔軟な考えになり切れないのは大きなマイナスポイントでしょう。

まとめ

真面目過ぎるあまり、恋愛にイマイチ踏み出せない……と感じている人はきっと多いでしょう。でもそんな人ほどとにかく失敗を恐れないで、一歩踏み出してみるべきです。
恋愛は相手ありきのもので、自分自身だけではどうしようもない一面もあります。真面目さだけではどうしようもない部分も出てくるのが恋愛、そんなふうに受け入れられるようになると恋も進展しやすいのではないでしょうか。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/19 2:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます