マンC、ブライトンに2点差をひっくり返され黒星…カンセロが開始9分で一発退場

拡大画像を見る

 プレミアリーグ第37節が18日に行われ、ブライトンとマンチェスター・Cが対戦した。

 試合は開始早々、リヤド・マフレズが右サイドから仕掛け、得意の左足でクロスをあげる。するとこれをファーサイドに走り込んだイルカイ・ギュンドアンが頭で押し込み、マンチェスター・Cが幸先よく先制する。

 しかし9分、ブライトンがDFラインの裏にラフなボールを送ると、目測を誤ってボールに触れられなかったジョアン・カンセロは、走り込んだダニー・ウェルベックを倒してしまう。これが決定機の阻止と判定され、カンセロは一発退場。マンチェスター・Cは開始から10分も立たないうちに数的不利となってしまう。

 それでもスコア変わらず後半を迎えると、47分、ハーフウェーライン付近でボールを持ったフィル・フォーデンがマークをかわし、そのまま左サイドから敵陣深くまで持ち運ぶ。するとフォーデンは、周囲のサポートを使わず意表を突くタイミングでトーキックでのシュートを選択し、これがゴールへと吸い込まれた。1人少ないマンチェスター・Cがリードを広げる。

 だが50分、ブライトンは敵陣でマンチェスター・Cのミスパスを拾うと、レアンドロ・トロサールがそのまま仕掛け、シュートフェイクでディフェンスをかわしてから右足でゴール。これで勢いを取り戻すと、72分には右サイドからのクロスをアダム・ウェブスターでヘディングで叩き込み、ようやくブライトンが同点に追いついた。

 そして、数的有利を生かして王者に立ち向かうブライトンは76分、センターバックから攻撃参加したダン・バーンが中央を抜け出す。一度目のシュートはGKに防がれたものの、体勢を崩しながら再び放った執念の右足でゴールを揺らし、ついに逆転に成功した。

 試合はこのまま終了。マンチェスター・Cはすでに優勝を決めているとはいえ、格下相手に数的不利の戦いで不覚を取ることとなった。一方のブライトンは、この試合からスタジアムに戻ってきたファンの力を受けながら2点差をひっくり返し、3試合ぶりの勝利を手にした。

  次節、23日の最終節で、ブライトンはアウェイでアーセナルと、マンチェスター・Cはホームでエヴァートンと対戦する。

【スコア】
ブライトン 3-2 マンチェスター・C

【得点者】
0-1 2分 イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・C)
0-2 48分 フィル・フォーデン(マンチェスター・C)
1-2 50分 レアンドロ・トロサール(ブライトン)
2-2 72分 アダム・ウェブスター(ブライトン)
3-2 76分 ダン・バーン(ブライトン)

関連リンク

  • 5/19 10:32
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます