加藤浩次、田村正和さん主演作でドラマデビュー「すごく面白い、ラフな方だった」

拡大画像を見る

 極楽とんぼの加藤浩次が19日、日本テレビ系「スッキリ」で、自身のドラマデビュー作品の主演が田村正和さんだったことから、田村さんとの思い出を披露。そのチャーミングな人柄を絶賛した。

 加藤は00年にTBS系ドラマ「オヤジぃ」でドラマデビュー。主演が田村さんだった。加藤は最初、ドラマ出演を断るつもりだったが、主演が田村さんと聞き、「田村さんという方に興味があって、作品もずっと見ていたのでやらせて頂く事にした」という。

 クールな大物というイメージが強いが、加藤は初めて田村さんにあいさつをした際に「フフッ。知ってる」と独特な笑いで返してくれたと振り返った。「すごい面白い、ラフな方だなって。『お芝居初めてなんです』と言ったら『好きにやっていいよ』って…」と、親しみやすい印象を持ったという。

 ドラマのリハーサルで加藤が失敗をしても「全部フォローしてくれた」「ぼくの間違った芝居に全部合わせてくれる、温かい人」と懐の深さに感激したといい、加藤が少しアドリブを入れると「面白いね、それやろう」と反応してくれたという。

 また現場には「田村チェア」という田村さん専用の椅子が置いてあり、その横にクーラーボックスが置いてあったという。加藤は「何が入ってるのか、ずっと気になっていた」といい、ある日、田村さんがそこから炭酸水のペリエを出して飲んでいるのを見たことも懐かしんでいた。

 加藤は「最初のお芝居の現場でご一緒させてもらって、本当に良かった」と感謝の言葉は尽きなかった。

関連リンク

  • 5/19 10:27
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます