本田翼、広瀬アリスらも続投!窪田正孝主演『ラジエーションハウスII』10月スタート

拡大画像を見る

2019年4月期に「月9」枠で放送された窪田正孝主演『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』が、2021年10月期の同枠で『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)として放送されることが決定した。

同ドラマは、現在「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックが原作。2016年6月より10巻まで発刊しているコミックスの数は、シリーズ累計160万部(紙+電子)を突破した、いま勢いのある人気漫画だ。写真には必ず“真実”が写ると信じている天才放射線技師・五十嵐唯織(窪田)を主人公に、放射線科“ラジエーションハウス”に属する、患者の病やけがの根源を見つけ出すエキスパートたちの戦いをリアルに描く。

今作でも、唯織の幼なじみで放射線外科医の甘春杏を本田翼、新人の頃はミスばかりだったが、持ち前の努力で成長を遂げた若手放射線技師で、唯織にひそかに恋心を抱く広瀬裕乃を広瀬アリスが演じるほか、浜野謙太、丸山智己、矢野聖人、山口紗弥加、遠藤憲一、鈴木伸之、浅野和之、和久井映見ら、人気・実力を兼ね備えた豪華俳優陣の続投が決定している。

<窪田正孝 コメント>
――『ラジエーションハウス』シーズン2の放送が決まった時の思いをお聞かせください。

前作から約2年経って、またあのにぎやかな仲間たちに会えるのが楽しみでなりませんでした。

――高視聴率を獲得したシーズン1の撮影や放送の反響等を振り返っていかがですか?

みんなで一丸となって作り上げた“ラジハ”を、たくさんの人に見てもらえたことはうれしいですし、作品も報われたと思います。

――改めて、五十嵐唯織という役柄についての印象や思いをお聞かせください。

医学に関しては経験も知識も豊富なのに、それ以外のことに関してはなかなかのポンコツです。唯織のすべての機動力は、杏を支えたい気持ちからきています。彼の患者への思い、病気を見つける執念はすさまじいものだと感じています。

――シーズン2の台本を読んだ感想・印象はいかがでしたか?

新しい仲間も増えて、またラジエーションハウスが再始動し始めるようにワクワクしました。いい意味でみんな変わっていないし、それで挑戦する制作側の勇気も感じました。そして、また再びページをめくるたび、専門用語の長台詞がないかヒヤヒヤもしました。

――絶賛撮影中の“チームラジハ”の雰囲気はいかがですか?

相変わらずみんながそろうとずっとおしゃべりが止まりません。鈴木雅之監督が“ラジハ”で一番大事にしているチーム感は2年経っても薄れることなく、むしろさらに強まっていると感じました。

――『ラジエーションハウスII』の放送を楽しみにしている視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。

病院を陰で支える放射線技師たちに光を当てた今作。彼らの働きがたくさんの患者さんを救い、見てくださる方々に元気を与えてくれると思います。新メンバーも加わってパワーアップした“ラジハ”を最後まで楽しんでもらえたらうれしいです。

<プロデュース 草ヶ谷大輔(フジテレビ 第一制作部) コメント>
2年前、このドラマは「“縁の下のヒーロー”たちの物語」と紹介されました。あまたある医療ドラマとは一線を画すこのドラマの“放射線技師”たちは、“外科医”や“救命救急医”よりも「命」から遠く、“看護師”よりも“患者”から遠い存在でした。それでも、こうしてシーズン2を迎えることができたのは、決して華やかとは言えない“縁の下の力持ち”のチームワーク、そして人間ドラマが、多くの視聴者の方々に共感していただけたからだと考えております。

何より、その“縁の下の力持ち”を個性豊か、かつ魅力的に演じてくださるキャストの皆さんによって、このドラマは支えられていると強く感じています。主演の窪田正孝さんをはじめ、この2年間でドラマや映画など、それぞれ他の現場でご活躍されたキャストの皆さんが、一回りも二回りもパワーアップして “ラジハ”に帰ってきてくれました。シーズン1からの思いそのままに、新しく始まる“目には見えない体の中を写し出す病の写真家たちの物語”に是非ご期待ください。

関連リンク

  • 5/19 9:15
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます