「借金1億円超」元りあるキッズ長田「身勝手復活」に現役芸人もブチギレ大波紋!!

拡大画像を見る

 2014年に解散したお笑いコンビ・りあるキッズの長田融季(35)と安田善紀(35)が、5月7日発売の『FRIDAY』(講談社)で7年ぶりの再会を果たした。

 さらに5月18日付の『FRIDAYデジタル』にも同記事が掲載され、ネットを大いににぎわせているのだ。

 1996年、長田と安田はオーディション番組『輝く日本の星! 次世代のダウンタウンを創る』(TBS系)で“未来のダウンタウン”として才能を見出され、1998年には吉本興業に所属してお笑いコンビ・りあるキッズとしてデビュー。

 長田は2002年放送のNHKテレビ小説『まんてん』に出演。さらに2003年、18歳のときには史上最年少で『M-1グランプリ』決勝進出を果たし、その後の活躍にも期待が集まっていた。

 しかし、長田に1億円以上の借金があることが発覚し、2014年に長田は吉本を契約解除となり、コンビは解散。以降、2人の交流は7年間途絶えていた。

「ところが今年2月、長田がYouTuberデビューを果たしたんです。長田はYouTubeを始めるにあたり、まずは安田に謝罪したいということで、7年ぶりの再会が実現したようです」(芸能記者)

■かつての芸人仲間は長田の復帰に「ふざけんな」!

 長田は、かつて世話になった制作会社スタッフから声をかけられて、今年2月にYouTube『長田融季のりあるに行こうや!!』をスタート。現在のチャンネル登録者数は900人、動画の再生数も1000~2000回前後と、決して順調とは言えない数字だ。

「2月27日、最初にアップされたのは『心より謝罪申し上げます。』という動画で、長田がこれまで迷惑をかけた人、借金の債権者などに向けて謝罪をするというものです」(前出の芸能記者)

 長田は20歳頃からギャンブルにのめり込み、消費者金融などで借金を重ね、さらにその後は友人などからも借り、29歳の頃には借金の額が1億円を超えていたというから驚きだ。

「長田は5月8日配信の『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(ABEMA)に出演し、1億円に上る借金は弁護士に相談して、昨年、自己破産したと話しています。YouTubeの最初の動画ではその借金について謝罪したというわけです。

 ただ、長田は芸人仲間からもお金を借りまくっていたんです。それを自己破産で清算されてしまったわけですから、踏み倒された芸人はたまったものではありません」(お笑いプロ関係者)

『FRIDAY』で取り上げられて以降、長田は複数のメディアに露出しており、YouTuber、芸人として再び存在感を示しつつある。

「その点にも、長田にお金を貸していた芸人たちは“ふざけんな”と憤っているといいます。長田にお金を貸していたわけではないですが、元相方の安田と交流のある、馬鹿よ貴方はの新道竜巳(44)も怒りを露わにしています」(前同)

■漫才コンテストのトロフィーをメルカリに出品……

 新道は特に、長田が4月27日にアップした動画「リアルに100万円稼ぎ出す!?」という動画に怒っているという。

「この動画では、長田がYouTube動画の制作費を捻出するために、りあるキッズがこれまで受賞してきた漫才コンテストのトロフィーをメルカリに100万円で出品するというものでした。

 コンテストのトロフィーをお金に換えるという内容だけで、芸人からすればありえないことでしょう。しかし、それ以上に新道を怒らせたのは、相方の安田が“1本もトロフィーを持っていない”ことを新道が知ったからなんです」(前出のお笑いプロ関係者)

 新道が5月1日に自身のYouTubeチャンネル『馬鹿よ貴方は、新道竜巳のごみラジオ』にアップした動画は「元りあるキッズ、安田善紀さんとお菓子食べるよ。」と題され、新道と安田が雑談を繰り広げるというもの。

 その中で、コンテストのトロフィーの話題となった際、安田が「あいつ(長田)が持ってんねん」と明かしたのだ。

「トロフィーは一度、所属の吉本に届くといいます。当時、安田は携帯を持っていなかったのに対し、長田は携帯を持っており、毎度毎度、マネージャーに“トロフィー届いたか?”と確認し、自分のものにしていたといいます。安田は“全部持ってかれた”と話しています。そのトロフィーを長田は売ろうとしていることに、新道は怒りを示したわけです」(前同)

■長田の動画は「下品すぎて見てらんない」

 5月4日、新道は「元りあるキッズ、長田融季は何も反省していない。」という動画をアップ。

 新道は、長田がアップした「100万円稼ぎ出す」という動画を「下品すぎて見てらんない」と一蹴し、「あなたがネタ考えていたわけでもないし、あなたのせいでりあるキッズが解散しているのに、ヘラヘラ笑いながら、出品して何が面白いの?」と問いかける。

 そして新道は「すげぇ腹立ったので、この言葉は3日、寝かせました」と前置きしつつ、「相方のおかげで獲れたトロフィーを、あなたのYouTubeのポンコツ企画のために“くさされるのが”、俺どうも耐えらんないわ……」と語気を強める。

 トロフィーについても、「安田さんが“いらない”って言ったわけじゃないじゃないですか。聞きましたよ。あなたトロフィーが手に入るときは、いつ届いたかをマネージャーとかに確認して持って帰る」と指摘。

 新道はお笑いへの愛があるのであれば、「トロフィーを持って帰りたい気持ちもわかる」としつつも、「結局そういうことに使うんだ、と。結局、借金も……あなた別に払ったわけじゃないじゃないですか。自己破産でしょ? 法的に払わなくなっただけであって、あなた払ってないんですよ」と、長田の借金についても言及したのだ。

■「長田が芸人界から消えた理由がわかる動画」

 新道の動画を見た視聴者も、長田の「リアルに100万円稼ぎ出す!?」という企画に不快感を抱いたようで、同動画のコメント欄には「長田が芸人界から消えた理由がわかる動画」「端金と引き換えに、ネタを書いた相方さんの気持ちとか、迷惑をかけた様々な人の気持ち踏みにじりましたね」「絶対お金のために売ってはいけない物。絶対お金を出して買いたくない物。なんか悲しすぎるわ。お金は大事だけど一線を越えたら駄目」といった声が寄せられている。

「新道の指摘を受け、長田も5月13日にアンサー動画をアップし、一応は頭を下げて謝罪はしているのですが、“言いたいことがあるならば直接言ってきてほしい”という姿勢で、視聴者からは“本当に反省してないんだな……”、“どの口が言うてんねん、一生黙って頭下げ続けろ”といった怒りの声が上がっています。

 長田の再スタートを応援したいというかつての芸人仲間、ファンも多いとは思います。ただ、新道のように今回の身勝手な復帰に怒りを示している芸人は少なくありません。特に吉本の中では、彼はタブー中のタブーだといいます。実際にお金を貸して、返ってきていない芸人がいるわけですからね。“彼の名前が公に出るだけでもNG”と言う人もいますよ」(前出のお笑いプロ関係者)

 YouTuberとして再スタートを切った長田だが、相方を裏切った行為、借金1億円の代償はあまりにも大きい――。

関連リンク

  • 5/19 7:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • ヤン中佐

    5/20 18:36

    反省するような殊勝な心がちょっとでもあればギャンブルで借金したあげく踏み倒したりせんやろ。りあるクズ┐(´~`;)┌

  • 借金を返すための仕事復帰ならそれなりに歓迎されたかもね※、これで儲けて良い暮らしでもされたら反感爆発するだろね※、強い依存性は意志でコントロール出来ないから個人を責めてはいけないけどね※、依存性を疑われる人には金を貸すのは要注意だね※

  • まる☆

    5/20 12:25

    元から存在すら知らんのだが…

記事の無断転載を禁じます