【比較】ヤマザキのシュークリーム5種を食べ比べてみた結果 → 優柔不断でも迷わず選べるレベルのシュークリームがあった!

拡大画像を見る

薄皮からあふれ出すクリームの洪水。シュークリーム、それは奇跡! シュークリーム、それは……!! 大人になるにつれ、味覚は変わるけれど、子供から大人まで全てに愛されるシュークリームは洋菓子界一の愛されキャラと言えるだろう。本日はそんなあいつの記念日「シュークリームの日」だ。

洋菓子メーカー『モンテール』が制定したこの記念日は毎月19日にやって来る。一体どれだけ愛されれば気が済むのか……! だが、私(中澤)も好きだァァァアアア!! そこで記念日にかこつけてシュークリームを食べまくった

・優柔不断なので全部買った

本作戦を実行しようと思ったのは、家の近所のスーパーヤマザキに寄った時である。何気なくスイーツコーナーを覗くと、シュークリームが無性に食べたくなったのだ。

どれにしようか? 「大きなツインシュー」がコスパ良さげだが、「レアチーズパイシュー」も気になる。「北海道牛乳のカスタード&ホイップシュー」は大きなツインシューとどう違うんだろうか? っていうか……

種類多くね

その店にはヤマザキの1袋1個タイプのシュークリームが5種類置かれていたのだが、レストランでギリギリまでメニューを迷ってしまう私にとっては選べない多さである。そこで全部買った

・全部食べてみた

1度全部味わって、それぞれの特徴を掴めば、もう迷うことはないはず。自身の状態に合わせて常にベストなシュークリーム選びができるはずだ。というわけで、食べ比べて私が感じた特徴を以下に記載したい。

【食べ比べたシュークリーム】
大きなツインシュー(税抜き89円)
レアチーズパイシュー(税抜き120円)
もっちMilkシュー(税抜き115円)
北海道牛乳のカスタード&ホイップシュー(税抜き110円)
ビスケシュー濃厚卵クリーム(税抜き128円)

・大きなツインシュー

ホイップクリームとカスタードクリームのツインシューだけど、ホイップクリームの味強め。まあ、平均点かと。コンビニやスーパーで売ってそうなシュークリーム以上でも以下でもない。でも、89円は安いと思う

・レアチーズパイシュー

激ウマ。皮がカリッとしていて香ばしい上、中にはレアチーズホイップとチーズクリームがぎっしり詰まっていて、高級感がある。チーズケーキが好きな人はこれ一択だけど、前述の通り皮が香ばしいためか、味にシュークリームっぽさも残しているのが非常に良い。

・もっちMilkシュー

その名の通り、皮がもちもち。パンと皮の間みたいな白い生地になんかヤマザキっぽさを感じる。中の生クリームは濃厚なので生クリーム好きにオススメ。

・北海道牛乳のカスタード&ホイップシュー

大きなツインシューとかぶっているかと思いきや、クリームが隙間なく盛り盛り。カスタードの味が強めなのでキャラの住み分けもできている。「プレミアムスイーツ」と名乗っている割に、価格は110円と2番目に安いことも魅力。

・ビスケシュー濃厚卵クリーム

皮がビスケット地であるその名も『ビスケシュー』。サクサクの食感から、ヤマザキの意欲を感じる。中はカスタードだが、どちらかと言うと上にかかっているチョコレートの方が主張が強い。ビターな風味にカスタードの甘みがとても洋菓子チック。勝手なイメージだが、ドイツっぽいと思った。

──以上。個人的には「レアチーズパイシュー」が最強すぎた。固めなクリームが口の中でしっとり溶ける感じがたまらない。これが120円は安いと思う。優柔不断な私も今後はこれ一択になりそうだ。

・個性豊かなヤマザキのシュークリーム

とは言え、思った以上にそれぞれに個性分けされていたことも事実。なんとなくシュークリームを食べたい時は「大きなツインシュー」の安さは魅力だし、カスタードを味わいたい時は「北海道牛乳のカスタード&ホイップシュー」も良い。

「もっちMilkシュー」は生地との兼ね合いで生クリームを活かしているし、「ビスケシュー濃厚卵クリーム」の味は高級感がありオシャレ。ヤマザキのシュークリームで迷った際は参考にしていただけると幸いである。

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

関連リンク

  • 5/19 0:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます