丸山桂里奈 世界初のプロダンスリーグに大興奮「同じ人間とは思えない!」

拡大画像を見る

 元サッカー女子日本代表でタレントの丸山桂里奈(38)が18日、都内で行われた世界初のプロダンスリーグ「D.LEAGUE(Dリーグ)」ラウンド10のゲスト審査員を務めた。

 この日を心待ちにしていたという丸山は、2024年パリ五輪で採用された新種目「ブレイキン(ブレークダンス」のメダル候補・ISSEIらが所属する「コーセー エイトロックス」が繰り出す世界レベルのダンスを目にすると、「今まで跳ねているものって魚とかマグロだと思っていたんですけど、こんなに跳ねている人がいっぱいいてビックリしました!」と大興奮。

 その後も、プロダンサーたちによる圧巻のパフォーマンスに「全身の毛が逆立って、一回もまばたきしないくらい見入っちゃって」。最後まで、興奮が冷めやらぬ様子だった。

 ラウンド10は、「コーセー エイトロックス」が制し、初優勝を飾った。

関連リンク

  • 5/18 22:53
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます