手越祐也 「大切な思い出できました」、地元横浜で人生初の始球式

拡大画像を見る

 タレントの手越祐也(33)が18日、横浜スタジアムで行われたプロ野球のDeNA-中日戦で人生初となる始球式を務めた。

 熱心なファンも駆けつける中、背番号1054(テゴシ)のDeNAのユニホームで登場。投球はワンバウンドとなったが、手を振って観客に応えた。

 横浜市出身。地元での登板に「すごくワクワクしましたし、低めに投げる目標は達成できた。大切な思い出ができました」と笑顔を見せた。サッカー愛好家だが「スポーツ全般への心からのリスペクトがある。いろんなスポーツを盛り上げる少しでも力になれるなら、今後とも頑張っていきたい」と他競技の盛り上げ役にも意欲。さらにはハマスタでのライブも「ぜひやりたいですね!」と希望した。

関連リンク

  • 5/18 19:30
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます