肩コリは「これをするだけ」でびっくりするほど解消する! 肩こり解消法まとめ

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/223496/ )

つらい肩こりを我慢しながら仕事に励んでいる皆様!

10秒ストレッチで大人気の柴先生の記事で、肩こりの解消と予防について楽~に学んでいきませんか?

簡単なのに痛みが軽減されて驚くこと間違いなしです。

その1:いつもの肩こりに!

自力で肩をほぐすならこれ!

まずは実際に柴先生がツイートした動画でやり方を確認していきましょう!

①肩を上げると出来るくぼみに親指を当てて、そのまま肩を摘む。
②そのまま肩を前後に5回ずつグルグル回す。

手を動かして肩を揉みほぐすと違い、手がそこまで疲れないと思います。
このやり方であれば手軽に!そして楽にほぐすことが出来ますね!

そしてそこから更に脇をさするともっと良くなりますよ!

 

その2:慢性の肩こりに!

肩コリや痛み、そして動きの悪さで悩んでる方がいると思いますが、それをたった10秒で解消する方法があります。それは

「脇をさすって、肩を回す」

ことです。

肩がこってる人、痛い人

の多くは肩に力が入り上がりやすい。

これを解決するには肩を下げられるようにすることなんだが、その時働く筋肉が脇にある。

脇の下を摩擦で熱くなるまでさすった後、触りながら腕を前後に各5回ずつ回す。

すると肩が下がって動きがスムーズになり、コリや痛みが緩和する。

— 柴 雅仁@関節痛のセルフケア&スポーツマンの動きを変えるパーソナルトレーナー (@PT_shiba)

お悩みの方は隙間時間を見つけて積極的に脇の下をさすってくださいね!

普段からさする事で前鋸筋の感覚が研ぎ澄まされて、更に効果が高まります。

 

その3:肩こりの予防に!

肩こり予防のポイントは「小指と薬指」です。

・小指薬指を握って肩コリを予防する

まずはそのやり方を動画でみていきましょう!

①ピストルポーズをとる
②小指側に手を倒す
③これを10回繰り返す
④可能なら普段から外3本指を意識する

このように小指薬指を意識すると肩コリ予防になる理由。それはこの指が肩を下げる脇の筋肉を繋がりがあるからなんです。

 

・小指薬指を普段使いする

例えば男性であればバックをこのように持ってみたり。

 

女性であればこんな感じで肩にかけると良いですね!

このように普段から意識するだけで肩のコリ方が変わってきますよ!

関連リンク

  • 5/18 9:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます