無水鍋・無水調理鍋のおすすめ11選|バーミキュラ、ストウブ、HALムスイなど人気メーカーを比較

無水鍋・無水調理鍋とは?

いつもの料理を格段においしくできると話題の「無水調理鍋」。その名の通り、水を加えず野菜や肉、魚などの素材から出る水分を利用して調理する鍋のことです。

今ではさまざまなメーカーが販売している無水調理鍋ですが、国産では1953年に広島で開発されたアルミニウム鋳物鍋が起源です。当時の開発元は、現在『株式会社HALムスイ』に社名変更し、無水調理ができる鍋を表す『無水鍋(R)』も同社の登録商標となっています。

そんな無水調理鍋は、無加水鍋と呼ばれるケースがあります。いずれも水を加えないで調理する鍋という意味のため、用途に違いはありません。

無水調理のメリット!煮込み、蒸し料理がおいしく仕上がる

無水調理のメリットは、素材本来が持つおいしさをそのまま調理に生かせること。その理由は、水分を加えずに調理することによって素材の栄養素やうま味が水に溶けるのを防ぐからです。

カレーやシチュー、肉じゃがなどの定番煮込み料理はもちろん、肉や魚のグリル、野菜の蒸し料理など、シンプルな料理こそ素材の味を存分に引き出せます。

無水調理鍋の活用でおすすめなのがアウトドアシーン。調理用の水を持ち運ぶ必要がないため、荷物を増やしたくないキャンプにもぴったりです。

無水調理鍋の選び方①|人数に合うサイズ、焦げにくい重さをチョイス

複数のサイズやホーロー、アルミ、鉄など素材の種類がある無水調理鍋。商品によって値段も幅広いため、何を重要視して選べばよいのか迷いますよね。また、素材によっては本体重量が重くなるため、お手軽に使える軽い無水鍋の方が適している場合もあります。

ここでは、無水調理鍋を選ぶポイントをピックアップしました。

○何人分料理できるかサイズを確認!

無水調理鍋を選ぶ際、まず確認したいのがサイズです。家族の人数や1台の無水調理鍋で調理できる料理の量をチェックしてから購入しましょう。

野菜を茹でたり、ミルクパンとして使ったりする場合は、16〜18cmの無水鍋がおすすめ。2人分の煮込み料理にもぴったりです。

普段、3〜4人用の料理をする家庭なら、少し大き目な22cm程度が理想です。

24cm以上はかなり大きくなるため、作り置きやホームパーティーのような大人数の料理を作る際にもおすすめです。

○重く厚い鍋は焦げにくくおすすめ

無水調理鍋と普通の鍋との最もわかりやすい違いは「重さ」。一般的なイメージとして、"無水鍋は重い"イメージがありますよね。それには大きな理由が。

鍋全体に厚さがある重い無水鍋は、鍋底が厚いため火がゆっくり伝わって焦げにくいという特長があります。焦げ付きが少ないのでお手入れが簡単というメリットも。

軽量で鍋底が薄いタイプは持ち運びがラクというメリットはあるものの、火加減が難しく、焦げやすいことも覚えておきましょう。

無水調理鍋の選び方②|ステンレス、アルミなど素材の比較

・ステンレス
・アルミ
・鉄鋳物(鋳物ホーロー)

無水調理鍋の素材は、大きく分けて次の3種類があります。それぞれの特長やメリット、デメリットをご紹介します。

○ステンレス

クールなフォルムがキッチンでの存在感を放つステンレス製の無水調理鍋。ステンレスならではの丈夫さでキズが付きにくいです。蓄熱性に優れているため、一度温めると冷めにくい特長があります。余熱でじっくり時間をかけて調理したい料理におすすめです。

ただし、ステンレスは焦げ付きやすいため、高温で調理する場合は火加減が難しいデメリットも。焦げ付きを防ぐ方法として、オーブンシートなどを活用するのも◎。

○アルミ

無水調理鍋の重さがネックという人は、アルミ製の無水調理鍋がおすすめです。

アルミ素材はとても軽いため、吊り棚など高い場所での収納にも向いています。また、アルミは耐久性にも優れていて比較的リーズナブルなので、無水調理鍋を初めて購入する人にも人気です。

熱伝導率が高く、料理の時短にもつながるアルミ製ですが、酸に弱いため黒ずみが出やすいというデメリットも。調理後はすぐに取り出し、お皿に移し替えることである程度は防げます。

○鉄鋳物(鋳物ホーロー)

無水調理鍋の中でも最も重量感があるタイプが「鋳物ホーロー」です。

鉄鋳物にガラス質の釉薬を焼きつけた鋳物ホーローは海外メーカーでも多く採用され、愛用者の中には10年、20年、さらには孫の代まで使い続けている人も! 本体表面を覆うガラス質はカラーバリエーションが豊富でデザイン製に優れているのも人気の理由です。

ガラス質の表面は衝撃に弱く、使い続けているうちにヒビが入るケースがあります。鉄鋳物という性質上、重量があるため、収納や調理の際にストレスを感じることも。

しかし、鉄は熱伝導率や保温性に優れているのに加え、鍋全体の厚みにより温度変化が安定するメリットがあります。弱火でじっくり煮込む料理のほか、肉や魚のグリルにも◎。素材のニオイが付きにくく、焦げも少ないのでお手入れも比較的簡単です。

○土製の土鍋タイプも

最近、人気を集めているのが鍋料理でおなじみの「土鍋」の無水調理鍋です。ゆるやかに加熱され、蓄熱性が高い特長があります。一度温めた後の保温時間も長く、余熱調理も可能。鍋料理はもちろん、シチューやカレーにもおすすめです。

一方で土鍋は衝撃に弱く、少しぶつけただけで欠けたり割れたりしてしまうのが難点。また、焦げ付きやすいため高温での調理は火加減に注意を。

無水調理鍋の選び方③|IH対応タイプか確認

キッチンのコンロがIHの場合は、無水調理鍋がIH対応かを必ずチェックしましょう。無水調理鍋の種類によってはIH非対応のタイプがあるので注意が必要です。

一般的に鉄鋳物やホーロー、ステンレス(一層鍋)で、鍋底が平らなタイプはほとんどがIHに対応しています。対して土鍋や銅製の鍋はIH非対応になっているものが多いです。

IHの対応・非対応に関しては無水調理鍋に限らず、調理器具を買う前に対応熱源を必ず確認しましょう。

無水鍋・無水調理鍋おすすめ11選|人気メーカーの口コミも

素材のうま味を引き出し、料理レベルをアップできる無水調理鍋。

デパートのキッチンコーナーやホームセンターなどでも購入できますが、一度に多くの商品を比較するのは難しいです。ここではAmazonや楽天、Yahoo!など通販で購入できる人気の無水調理鍋を紹介します。口コミもあわせてチェックしながら、無水調理鍋を選んでみてくださいね。

○『バーミキュラ』『ストウブ』など人気メーカーの無水調理鍋

オーブンポットラウンド

重さを感じない持ちやすさが人気。ものづくり日本が誇る鍋

理想の無水調理を追求する『バーミキュラ・オープンポットラウンド』。ものづくり日本の実力を随所に生かしたその鍋は、機能、デザインともに大人気です。鋳物ホーローのデメリットとして挙がる重さは、フタと本体に取り付けたダブルハンドルで軽減。女性でも持ちやすく、重さを感じにくい点が特長です。14〜26cmのサイズを展開。煮込み料理から蒸し料理、炊飯と幅広い用途で使えます。淡くやさしいカラーラインナップはキッチンアイコンとしても魅力的。

『オーブンポットラウンド』の口コミ
ちょっとだけ重いけど、鍋の蓋も持ちやすく、豆もすぐ柔らかくなり満足。炊飯も二合炊いています。後かたずけも柔らかいスポンジですぐ綺麗になる。2人住まいなので18センチで丁度いいですが、16センチがもし販売されたら絶対手に入れます。

ごはんもローストビーフも簡単おいしい♪話題のバーミキュラの秘密とは?

キッチンシェフシリーズ 無加水鍋

1台で6役。軽くて使いやすい無加水調理鍋

「煮る・焼く・蒸す・炊く・茹でる・炒める」を1台で可能としたアイリスオーヤマの『キッチンシェフシリーズ・無加水調理鍋』。うまさの秘密はフタが鍋にぴったりとハマる構造にあります。密閉すれば素材から出る水分を逃さず素材に戻すとともに、フタの裏面についた突起で蒸気を鍋全体に循環。また、フタのツマミを回せば蒸気をコントロールし、吹きこぼれを防げます。ほかにも熱変化が起こりやすい鍋底以外を薄く設計し、軽量化するなど、使う人に寄り添った鍋です。

『キッチンシェフシリーズ 無加水鍋』の口コミ
軽い!
お野菜を茹でる時間が短縮、無水なので栄養素もぬけていない!
大満足です!
普通に料理に使用したときも、普通の鍋より保温性が高いような気がします!

ピコ・ココット ラウンド

ファーストストウブに使いたい22cm

『ストウブ』の定番シリーズ『ピコ・ココット』のラウンド型22cmの鍋です。22cmはメインディッシュを3〜4人分作れる大きさ。そのため家族で暮らしているという方にファーストストウブとしてオススメしたいサイズです。サイズが大きいのでカレーなどの煮込み料理の調理に向いています。

『ピコ・ココット ラウンド』の口コミ
ストウブは煮込み料理がとても美味しい!とのことで作ってみたら別物でした!♪
お水入れてないのにお野菜からの水分で甘味が出てスープも出来てスゴく美味しかったです!
買って正解でした!★

人気のストウブ鍋おすすめ11選!サイズの選び方やレシピも

KING無水鍋(R)24

無水鍋(R)の王様。使いやすさと機能のバランスが◎

半世紀以上にわたって日本の台所で愛され続ける『HALムスイ 無水鍋(R)』。1953年の復刻版モデルとして登場した『KINGシリーズ』は、まさに王様のような存在です。「無水調理鍋=重い」の常識を覆すアルミ製の『無水鍋(R)』は、軽量化とアルミの熱伝導率の高さを最大限に生かした構造が特長。専用の蒸し板を使えば蒸し料理も可能です。分厚い鍋底は鋳物でできており、焦げ付きにくく強火や長時間の調理にも耐えられます。

『KING無水鍋(R)24』の口コミ
ごはんや温野菜など、調理時間までレシピがわかっている蒸し煮系ものに関しては簡単に調理できて美味しいですが、非常に焦げ付きやすく、無水調理に重要な蓋の扱いも取り回しが効かない(重く、高温)ため、焼き物系は難易度高めの印象。

構造が単純なので、どんなに焦げ付いてもたわしやクレンザーでガシガシ削り落とせばいいという頑強な所がgood。
扱いやすさはぼちぼちですが、おそらく一生ものなので星5です。

シグニチャー ココット・ロンド

一家に1台は欲しい!鋳物ホーロー鍋のパイオニア

1925年にフランスの小さな工房で誕生した『ル・クルーゼ(Le Creuset)』の鍋は、無水調理として大活躍! 優れた熱伝導と蓄熱性を備えた鋳物鍋はじっくりと均一に熱が回り、素材のうまみを最大限に引き出します。ブランドのシグネイチャー的存在の『ココット・ロンド』は、1台は持っておきたいキッチンツールの一つ。カラーバリエーション、サイズも豊富なので、家族の人数や調理法方法に合わせて選びましょう。

『シグニチャー ココット・ロンド』の口コミ
品は蓋も鍋も重く感じますがその重さが肝だと感じます。カレーや煮物を作るときに活躍します。弱火でじっくりコトコトすることで普通の鍋よりも味が染み込みが良くなり味が良くなります。ただ説明書には強火にしないように書かれていますので、そこに注意して使用する必要があります。

【ル・クルーゼ】料理がもっと好きになる!商品開発者に聞いた、おいしさの秘密と意外な人気アイテム

ヘルシオ ホットクック KN-HW16F-R

無水&自動調理で料理の負担を大幅に軽減!

無水調理を家電で実現したのが『SHARP』の『ヘルシオホットクック』です。材料を入れてボタン操作をすれば、あとは自動で調理できるスグレモノ。定番のシチューやカレーのほか、炊飯や蒸し料理、パンも自動で作れます。おいしさの秘密は温度センサーと蒸気センサーによる徹底した管理です。温度や食材の火の通り具合を常にチェックし、オートで火加減を調整。無水または少量の水での調理が可能なので、素材のおいしさも逃しません!

『ヘルシオ ホットクック』の口コミ
料理をしない娘も興味を持って作ってくれるようになってありがたい。肉の嫌いな自分も娘の作ったチキンカレーは肉が食べられない自分でも鶏肉がシーチキンのようになって全く肉感がな無くなって美味しく食べられました。肉感が無くなっってしまうと肉好きには残念かもしれませんが自分には有難いです。

クリプソ ミニット デュオ

圧力鍋と鍋の2in1!初めての無水調理におすすめ

フランスの調理器具・家電メーカー『Tefal(ティファール)』の『クリプソ ミニット デュオ』は、同社が長年にわたって培ってきた調理器具の技術を存分に注いだ1台です。特長はなんといっても1台で圧力鍋と通常の鍋を使い分けができること。フタに付いたセレクターを回すだけで2つの調理モードを簡単に切り替え可能で、初めて圧力鍋を使う人や無水調理にチャレンジしたい人におすすめです。サイズは4.2L、5.2Lの2つから選べます。

『クリプソ ミニット デュオ』の口コミ
お肉や根菜が短時間でホロホロに柔らかくなるので、歯や顎の弱った両親におかずを作ってあげるのが楽になりました(^^)
テフロンもしっかりしているので大人数の時は炒飯なんかもこれで作っちゃいます。
本体は確かに重たいですがシンクで普通に洗えるサイズだし、蓋もパッキンをサッと外して洗うだけだから楽チンです。もっと早く買えばよかった!

copan

コスパに優れた無水調理鍋。シンプルかつ機能性に優れた1台

鍋とフタの間に水の膜を張って密閉状態を作る『COPAN(コパン)・無水調理鍋』は、鍋の中の温度と圧力を一定に保って素材の水分を引き出します。鍋の素材に採用したアルミニウム合金は、鋳物に比べると驚くほど軽く、扱いも簡単。使い勝手の良い18cmサイズはカレーやシチュー、肉じゃがなどの煮込み料理のほか、炊飯にもおすすめです。オリジナルレシピ付きなので、届いたその日から簡単に使いこなせるのも嬉しいポイント。コスパに優れ、1台目の無水調理鍋としてもぴったりです。

『copan』の口コミ
軽い無水鍋の黒を探しており、実際の商品は店頭で見ていたので安さに驚き即買いしました!レシピも着いていて早速美味しい料理ができました!

cotta 無水調理鍋

カンパーニュが焼ける万能無水調理鍋。フタはグリルパンにも!

製菓・製パン材料の通販サイト『cotta(コッタ)』が開発した無水調理鍋は、オーブンで焼くカンパーニュを鍋でもおいしく焼ける機能性に優れた鍋です。パンのほか、無水で作る・煮る・蒸すはもちろん、溝が付いたフタは肉や魚、ピザなどを調理するグリルパンとしても使えます。いかにも重そうな見た目とは裏腹に、鋳物と比べて軽いことも特長のひとつです。軽量化の秘密はアルミダイキャストにフッ素コーティングを施した工夫によるもの。軽くて丈夫な1台は、さまざまな料理に大活躍!

『cotta 無水調理鍋』の口コミ
今まで無水鍋というとビタクラフトみたいに思ってましたが、今回はパン・ド・カンパーニュを作りたくて購入しました。早速カンパーニュを焼いてみましたが思った以上の出来栄えになりました。オーブンへの出し入れに少し重たいですが、その重量感が仕上がりへの保証になるような気がしました。

マイスター あわせ釜

メイドイン高岡のものづくり精神を受け継いだ万能鍋

富山県高岡市にある『北陸アルミニウム』は、昭和初期から続くアルミ製品の総合メーカーです。鍋開発のルーツは昭和20年に開発した無水調理鍋『吉岡鍋』にあり、リニューアルした『マイスターあわせ釜』は、本体とフタを隙間なくぴったり合わせて優れた密閉性を実現。1台で「炊く・煮る・蒸す・茹でる・揚げる・炒める・焼く・オーブン調理」ができるほか、フタは浅型鍋としても使えます。ものづくり日本の技と知恵が詰まった1台は、新築祝いや結婚祝いのギフトにもおすすめ。

『マイスター あわせ釜』の口コミ
熱効率が極めて良いので、いろんな方法で使っています。好物の蒸しおこわ作りには、蒸し器としても最高です。

○無水調理鍋がセットになった商品も!

HALシリーズ 片手無水鍋 浅型・深型セット

手頃感がうれしい浅型と深型がセットになった無水鍋(R)

『HALムスイ』から、毎日の料理にぴったりな”ちょうどいいサイズ感“がうれしい浅型と深型の無水鍋(R)、ガラスフタがセットになったシリーズが登場。浅型はフライパンやグリルパンとして使用でき、ベーコンエッグやほうれん草のソテー、焼き魚など、朝食の準備にも最適です。深型は無水調理による煮込み料理や蒸し料理のほか、炊飯にもおすすめ。新生活をスタートさせる人や、結婚祝いの贈り物としても喜ばれることでしょう。

『HALシリーズ 片手無水鍋 浅型・深型セット』の口コミ
だいこんを煮ましたがとっても柔らかく煮えてビックリ‼️
家にあるお鍋をほぼ処分したのでスッキリしました。
でも、お鍋の重さにはビックリしました。かなり重いので年輩の方にはお勧めできませんね。

楽天やAmazonでは、人気商品や売れ筋をランキングでチェックできます。どの無水調理鍋がいいか迷ってしまう人は、売れ筋や人気の商品から探すのがおすすめです。

無水鍋・無水調理鍋の比較一覧

無水調理鍋と圧力鍋・ダッチオーブンの違いは?

水を使わずに調理する方法には無水調理鍋のほか、圧力鍋やダッチオーブンでも無水調理ができます。

鍋によっては無水調理鍋の欠点を補ってくれるタイプも。圧力鍋やダッチオーブンについて、無水調理鍋との違いやそれぞれの特長を解説します。

○圧力鍋

鍋に圧力をかけて内部を高温・高圧状態にし、短時間で調理できる鍋。硬い食材でも煮込み時間を大幅に短縮できるため光熱費の節約になるメリットがあります。

じっくり煮込む料理が得意な無水調理鍋に比べて、短時間で無水調理ができるのが最大の特徴。火にかけない電気式の圧力鍋も人気です。

○ダッチオーブン

キャンプなどアウトドアシーンでよく使用されるダッチオーブン。重量のある鉄鋳物製の鍋で分厚く重いフタが特徴です。フタの上に炭火を直接乗せると、上下から加熱できるオーブンのような使い方ができます。

家庭でも手軽にダッチオーブン料理が楽しめる製品が展開され、オーブンやグリルに素材を入れてそのまま調理するレシピが人気。

無水調理鍋の種類によってはオーブンで使用できないタイプもあります。オーブン料理を多く作る人や、アウトドアで料理を楽しみたい人にはダッチオーブンがおすすめです。

無水調理鍋で調理!肉じゃがやおすすめ鍋レシピ

料理の幅が広がる無水調理鍋は、工夫次第でさまざまな料理をいつもよりおいしく簡単に作れます。家庭料理でおなじみの肉じゃが、カレーはもちろん、炊飯やさつまいも、ケーキなども!

また、白菜など葉物野菜の大量消費にもおすすめです。ここからはLIMIAユーザーの無水調理鍋を使ったおいしいアイデアを紹介します。

○ストウブで作る肉じゃが、その他レシピも♪

無水調理鍋として大人気のフランス生まれの『STAUB(ストウブ)』を使ったおしゃれなレシピ集。センスあふれるテーブルコーデもあわせてご覧あれ♪

ストウブを使った鍋料理レシピ特集!寒い日に最適な簡単で美味しいメニュー

○無水で作る豚肉レモン鍋

土鍋を使った水を一切加えない爽やかな「レモン鍋」はMEG♀さんのアイデア。野菜のうまみがギュッと凝縮さえれた深い味わいはやみつきに!?

水無しで作る!豚肉と水菜のレモン鍋 レシピ

LIMIAでは無水調理鍋で作るカレーやキャベツを使った料理も紹介しています。人気レシピは下のボタンからチェックできます!

LIMIAで「無水調理のレシピ」アイデアを見る

鍋のお手入れ、収納術もチェックしよう

無水調理鍋を長く使うためには、日々のお手入れが必須です。焦げ付きを防ぐためのひと工夫や収納テクニックをマスターすれば、無水調理がもっと楽しくなりますよ!

○ストウブおすすめ商品や長く使うお手入れ法

おしゃれで機能的な無水調理鍋『STAUBU(ストウブ)』のお手入れ方法や、サイズ選びをご紹介。シーズニングの手順やサイズ、デザインによる選び方などもチェックを!

人気のストウブ鍋おすすめ11選!サイズの選び方やレシピも

○焦げ付き対策や収納術

しばらく使っているとどうしても付いてしまう鍋の焦げ付き。重曹や100均アイテムを使った焦げ付きの落とし方のほか、シンク下の収納アイデアも! 

両手鍋・片手鍋の種類別おすすめ15選!レシピ集や収納アイデアも

無水調理鍋で料理の幅が広がる!

普通の鍋に比べて重い、高価というイメージがある無水調理鍋。

鍋の素材によって重さや価格も幅広く、予算や用途に合わせて選べます。日々の手入れを欠かさず、大切に使えば「一生モノの鍋」になるタイプも。キッチンに1台は備えておきたい鍋は、こだわりを持って選ぶと愛着も倍増します!

無水調理鍋で広がる料理の幅は無限大! ぜひ、キッチンツールに無水調理鍋を加えてみてくださいね。

※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2021年5月)に基づいたものです。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。
※製品によって、お手入れのしかたは異なるため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行ってください。
※一部の画像はイメージです。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/18 17:49
  • LIMIA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます