オードリー春日、歯医者での「麻酔値切りエピソード」に疑惑の声殺到!

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰が5月12日、「ソレダメ!~支持率100%スーパー激安激うま大公開SP~」(テレビ東京系)に出演。自身の節約エピソードを語り共演者達を驚かせた。

 この日は100円ショップの便利グッズを使った節約方法について特集し、普段からドケチキャラとして知られる春日も最近のエピソードを披露。春日は見たことのない種類の牛乳が冷蔵庫に入っていると、妻に「いくらでどこの牛乳なんだ?」と、つい問いただすといい、ほかにも「卵とかもちょっと違うと聞いちゃうかな」と明かした。

 相方の若林正恭に「春日の場合もっとあるでしょ」とさらに振られると、春日は歯医者での治療エピソードを披露。「麻酔の代金がもったいないって思って、歯医者にいちばん安い麻酔をお願いしたら全然効かなくて。ちょっと後悔しましたね」と明かした。若林はさらに「いちばん安い麻酔にしたら、痛すぎて泣いちゃったんだよね」と暴露。共演していたお笑い芸人の小籔千豊は「麻酔にランクがあったことが初知りだし、麻酔を変えられるってことが驚きだわ」とツッコんでスタジオの笑いを誘っていた。

 ネットでも《麻酔ケチることなんてできるんだ。そっちに驚き》《麻酔の値段まで選べる歯医者があるんか》《いちばん安い麻酔なんてない。量も多く使おうが少なく使おうが、一律》などエピソード自体を疑問視する声が続出。中には《歯医者ですが一律です。保険で決まっています。麻酔が効きにくくて追加で何本も打ったとしても、保険点数は変わりません。よって完全にネタだと思われますが、春日さんが麻酔を追加で打つと追加料金がかかると思って、麻酔が足りなくて効いていないのに痛みを我慢したと言う意味ならわかるかなと思いました》など歯科医を名乗る人からの声もあった。

「春日は独身時代に熟年女性好きを公言していましたが、今の妻は同い年でネタだったことが判明しました。今回のエピソードもドケチキャラを強調するためのネタだった可能性はあります」(芸能記者)

 果たして真相はいかに。

(柏原廉)

関連リンク

  • 5/18 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます