アンゴラ村長を圧倒!薄幸が衝撃の「Gカップボディ」を服をめくって披露したッ

拡大画像を見る

 爆裂バストで知られるお笑いコンビ「納言」の薄幸が5月11日の「デカ盛りハンター」(テレビ東京系)で魅惑のボディを披露し、男性ファンの注目を集めている。

 薄幸は「千葉VS埼玉大食い対決」で千葉県チームの一員として出場。にゃんこスターのアンゴラ村長を相手に大食い勝負を行った。

 酒とたばこが大好きなやさぐれキャラの彼女が大食いできるのか気になるが、お寿司を最高50皿食べたことがあるという。おなじみの革ジャンにTシャツ姿。バイクで転倒して右鎖骨を骨折したため、右手を吊っていること以外はいつものスタイル。左手で冷やし中華や焼きビーフンなど料理を次々と平らげていった。

 すると薄幸は苦しくなったためベルトを緩めようと立ち上がる。Tシャツをめくって、推定Gカップのバストよりも大きく膨らんだお腹を披露したのだ。

「まるで妊婦さんのようなお腹でした。脂肪が乗った腹は一度たくさん食べたからといって生まれるものではありません。以前からムダな肉がついていたはずです。おそらくお酒によって作られたものでしょう」(週刊誌記者)

 ベルトを緩めると大きな腹はより大きく見え、完全にGカップを越えるふくらみになった。

「そんなダルっとした体ですが、バストは今も素晴らしいものがあります。太ったからかもしれませんが、大きくなったようにも見えました」(前出・週刊誌記者)

 食べた量はアンゴラ村長が1566グラムで薄幸が1191グラム。大食い対決では負けたが、ボディでは圧倒する結果となった。

関連リンク

  • 5/18 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます