暮らしを多彩で豊かにする戸建て住宅「CENTURY 蔵のある家 FREE LIVING」新発売


ミサワホームは、木質系工業化住宅の最上位ブランド「CENTURY」に「CENTURY 蔵のある家 FREE LIVING」をラインアップに加え、全国(北海道・沖縄県を除く)で発売を開始した。


今回発売する「CENTURY 蔵のある家 FREE LIVING」では、リビングを高天井としながら、より快適で多彩に使うために、大収納空間「蔵」の新タイプ「フリーリビングユニット」を設けたスキップフロアデザインを提案する。

リビングから一段上がったスキップフロアは、在宅ワークや勉強、趣味、レジャーなど、家族みんなが自由に多彩な過ごし方ができる空間に。またフロア下は、大収納空間「蔵」として年中行事の調度品や趣味のアイテム、災害対策の備蓄品など多くのものを収納でき、居室をすっきり広々とさせる。

高天井空間を彩る暮らしの新提案


大収納空間「蔵」を設けてスキップフロアとすることにより、約3mの高天井空間を有効活用することができるように!あわせて、スキップフロアでの暮らし方をより多彩にする提案として、デスクユニットや転落防止のチャイルドゲートなど、組み合わせ可能なアイテムを用意している。

「多目的&可変スペース」で多彩な暮らしをデザイン


2階のバルコニーに面するマルチスペースでは、スライドさせて移動できる「可動ウォールパーテーション」を提案。パーテーションを動かすだけで、個室にしたり、家事スペース&ワークコーナーにしたり、ライフスタイルに合わせたつかい方ができる。

家族を感染リスクから守る空気環境を向上


また、建物ごとに最適な換気量で運転する、住宅業界初(同社調べ)の「邸別一定風量制御」技術を搭載した新型「フロアセントラル換気システム」により、熱交換を行いつつ、エネルギーロスの少ない最適な換気量で運転。一時的に換気量を増やす機能や、ウイルスや菌、PM2.5、花粉などを捕集して新鮮で衛生的な給気のできる高性能の「HEPAフィルター」なども用意している。

環境とレジリエンス、地球にも家族にもサステナブル


さらに、レジリエンスや次世代ZEH+にも対応。今回提案する全負荷型3電池連携システムでは、太陽電池、燃料電池、蓄電池を連携することで再生可能エネルギーの自家消費率を高めて環境負荷を低減できるほか、停電時には住まい全体に高出力の電力を供給できることから、あらかじめ指定した一部の部屋のみに給電する一般的な3電池併設システムに比べて、普段に近い暮らしが継続できる。

画像をもっと見る

  • 5/18 17:18
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます