おうちで旅行気分「5分でできる!台湾の朝ごはん鹹豆漿(シェントウジャン)」

朝ごはんのメニューに悩んだ時は、豆乳をアレンジして作る「5分でできる!台湾風豆乳スープ 鹹豆漿(シェントウジャン)」を作っておうちで旅行気分を味わってみませんか? 

今回ご紹介する「5分でできる!台湾風豆乳スープ 鹹豆漿(シェントウジャン)」は、台湾の朝ごはんの定番レシピ。
たっぷり使う豆乳は、女性ホルモンを活性化させてくれると言われている大豆イソフラボンがとっても豊富です。

作り方も簡単で、顆粒中華スープの素を使って5分で完成!
疲れた胃腸も優しく癒してくれる一品です。

一緒に加えるザーサイや干し桜海老は日持ちする食材なのでストックしておくと食べたい時にいつでも作れて便利ですよ。

■5分でできる!台湾風豆乳スープ 鹹豆漿(シェントウジャン)

調理時間 5分


レシピ制作:山下 和美



<材料 2人分>
豆乳(成分無調整) 500ml
 顆粒中華スープの素 小さじ2
 塩コショウ 少々
干し桜エビ 大さじ2
ザーサイ 20g
油麩 4切れ
ネギ(刻み) 3~4本分
酢 大さじ1/2~1
ラー油 適量

<下準備>
・干し桜エビはフライパンで軽く煎る。


・ザーサイは細かく刻む。

<作り方>
1、鍋に豆乳、顆粒中華スープの素を入れ、沸騰させないように弱火で温め、塩コショウで味を調える。


2、器に干し桜エビ、ザーサイ、油麩を入れ、(1)を注ぐ。刻みネギを散らし、お好みの量の酢、ラー油をかける。


油麩がない場合、焼いたフランスパンでもおいしくいただけます。

優しいお味で美味しい台湾の朝ごはん「5分でできる!台湾風豆乳スープ 鹹豆漿(シェントウジャン)」。簡単に作る事ができるので、なかなか外出がままならない今、気分転換も兼ねて、おうちで作って旅行気分を味わってみてくださいね。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/1 8:00
  • E・レシピ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます