モロゾフの新定番商品「プリンとチーズケーキ」が大丸東京店に全国初登場


洋菓子メーカーモロゾフが、新定番商品「プリンとチーズケーキ」を発売。モロゾフは1931年に創立し、2021年8月に創立90周年を迎える。これを記念し、同社の洋生菓子を代表する『プリン』と『チーズケーキ』を合わせた新定番スイーツが誕生!

同商品は、5月19日(水)~25日(火)の期間、大丸東京店の1階 MVPスイーツに全国で初めて登場する。

ガラスカップ入り新定番スイーツ


新登場の「プリンとチーズケーキ」486円(本体価格:450円)は、カスタードプリンと、ふわっととろけるなめらかなチーズケーキを組み合わせた、モロゾフ伝統のガラスカップ入り新定番スイーツ。


卵リッチなカスタードプリンに、北海道産のクリームチーズとマスカルポーネを使用した、とろけるような食感のチーズケーキが重なっている。


食べ進めていくほどにプリンとチーズケーキが絡み合い、ほろ苦いカラメルソースがアクセントに。

新スイーツの原点2商品

新商品の原点となったのが、「カスタードプリン」と「クリームチーズケーキ」だ。

モロゾフの「カスタードプリン」


厳選されたシンプルな原料に保存料を一切使用せず、卵が自然に固まる力だけを利用し、じっくり蒸し焼きにしたガラス容器入りの「カスタードプリン」。おいしさの秘密のひとつであるガラス容器は、同社プリンの代名詞となっている。

「クリームチーズケーキ」


また1969年に発売したモロゾフの「クリームチーズケーキ」。発売開始当時は、チーズケーキが現在のように一般的ではなかった。しかし、1970年代に雑誌などでチーズケーキが注目されるようになるとブームが到来。同社の「クリームチーズケーキ」はその先駆けとして人気を博した。

発売以来、厳選したデンマーク産の上質なクリームチーズにこだわる同商品。乳の風味が豊かでコクがあり、きめ細かくおいしさがぎゅっと詰まった食感に仕上がっている。

なお、「プリンとチーズケーキ」の販売期間などは変更になる場合があるので、事前にモロゾフ公式HPなどで確認を。

この機会に、モロゾフ創立90周年記念の新定番スイーツを一足早く味わってみては。

画像をもっと見る

  • 5/18 17:15
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます