キャップ改良でSNSに「歓迎」の声 カゴメ「醸熟ソース」4年ぶりのリニューアル 経緯を聞いた

拡大画像を見る

食品メーカー大手のカゴメ(名古屋市)が販売する「醸熟ソース」(300ミリリットル、500ミリリットル)シリーズの「キャップが変わった」と、ネット上で注目されている。

波型のキャップに対しては、以前からツイッター上で「開けにくい」との声が複数上がっていたためだ。

「キャップが閉めにくい」の声で「波型」に

会社ウォッチは2021年5月13日、カゴメの広報担当者を取材した。

広報担当者によれば、これまで使用されていた波型キャップの容器は、17年3月から採用している。直線型キャップを使った新しい容器に21年3月から順次切り替えており、4年ぶりのリニューアルとなる。

そもそも、なぜ波型のキャップが採用されたのか。担当者はその理由を、

「従来の容器は、『キャップが閉めにくい』『キャップの中栓の構造が複雑で開け方がわかりにくい』などのお声をお客様からいただいており、それを改善するために波型のキャップへ変更しました」

と話している。

ところが複数の購入者から、「キャップが開けにくい」「分量の調整が難しい」「液垂れしてしまう」などの声があり、今回の容器変更に至った。

ツイッター上でも、一部ユーザーが波型キャップに対する不満を投稿し、カゴメ公式アカウントが返信するやり取りが見られる。

新しい容器はキャップのフチが波型から直線型に変更されているほか、キャップ自体が従来のものより細い。また、注ぎ口が細くなり、キャップを外すと同時に中栓が自然に開く仕組みになっている。

4年間にパッケージに「開け方」、材質変え、中栓改良も......

容器変更に至るまでの4年間に、どのような過程があったのか。担当者はリニューアルの経緯を、こう話している。

「まずはお客様のご不満をできるだけ早く解消するために、パッケージに開け方のイラストを表記、キャップの材質の変更、中栓の改良などを行いました」

カゴメの公式サイトでも、「よくお寄せいただくご質問への回答」の一つとして、波型キャップの開け方を図解。お客様相談センターに「開け方がわかりにくい」という声が複数寄せられたためだ。しかし、それらによる大きな改善はみられなかったという。

「そこで、一から容器設計を見直すことを決めました。お客様が商品を利用する際に不便に感じていることの再調査や、使いやすい容器の再設計を行い、試作品の開発や使い勝手の検証を繰り返し行っています。
試作品の開発時には、お客様相談センターにお声をくださった複数のお客様に実際にお試しいただくなど、慎重に検証を重ねました」(カゴメ広報担当者)

その後、カゴメは新容器に対応した製造設備を整備。今回の、新容器でのリニューアル発売に至った。

ツイッターでは今回の容器変更に、

「めちゃくちゃ開けやすくなってる」
「困ってたから助かる」

といった声があがっている。

こうした意見に対して広報担当者は、

「改良までお待たせしてしまったことは大変申し訳なく思っています。今回の容器変更に伴って、多くのお客様より『改良されてよかった』『使いやすくなった』などのお声をいただいており、うれしく思います。今後もお客様に安心してご利用いただける商品の開発に取り組んでまいります」

とコメントしている。

関連リンク

  • 5/18 16:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます