クルエラを取り巻く登場人物が集結! パンクロックなデザイン光るキャラポスター5種

拡大画像を見る

 女優エマ・ストーンが主演を務め、ディズニーの名作アニメーション『101匹わんちゃん』に登場するヴィラン(悪役)“クルエラ”の誕生秘話を描く映画『クルエラ』より、クルエラをはじめ個性豊かな登場人物を捉えた5種類のキャラクターポスターが一挙解禁された。

 本作は、ディズニーの名作アニメーション『101匹わんちゃん』(1961)に登場するヴィラン(悪役)“クルエラ”の誕生秘話を描く“パンクロック・エンターテインメント”。映画『ラ・ラ・ランド』(2017)でアカデミー賞&ゴールデングローブ賞の主演女優賞2冠に輝いたエマが、後に“ディズニー史上最も悪名高きヴィラン”クルエラへと変貌する主人公エステラを演じる。

 解禁されたのは、クルエラのほか、エステラをファッショナブルで破壊的かつ復讐心に満ちた“クルエラ”の姿へと変えていくカリスマ・デザイナーのバロネス(エマ・トンプソン)、クルエラの相棒となるジャスパー(ジョエル・フライ)とホーレス(ポール・ウォルター・ハウザー)、エステラのかつての学友でクルエラへと変貌していく彼女をジャーナリストとして追うアニータ(カービー・ハウエル=バプティスト)という5人のキャラクターポスター。

 バロネスは、デザイナーを目指すエステラにとっては憧れの存在だが、彼女はエレガントに洋服を着飾る一方で、ヒステリックな一面を持ち、目的のためには手段を選ばないキャラクター。エステラの斬新な発想力と才気あふれる想像力を認め、彼女に仕事を任せるようになるが、この2人の関係が、エステラがクルエラへと覚醒する“火種”となる。
 
 製作を務めたアンドリュー・ガンは、「バロネスのやった色々なことが、クルエラ・ド・ビルという人物を作り上げる大きな要因になっているのです」と断言しており、圧倒的な存在感を放つバロネスが、エステラにどんな影響を与えるのか興味をかきたてられる。

 一方、そんなバロネスと対等するエステラを支える心強い味方となるのが、幼い頃に母を亡くし悲しみに暮れるエステラが出会うジャスパーとホーレス。共に生活をするようになった彼らは、エステラのイマジネーションと裁縫の腕を駆使して泥棒を働きながら生き抜く中で、いつしか彼女にとってビジネスパートナーであり“家族”のような存在になっていく。クルエラへと身も心も変わり果てていく彼女を前に、3人の関係は果たしてどうなっていくのか。

 さらに、クルエラとしてその名を広めようとする姿をいち早くスクープし世の中に伝える重要な役割を担うアニータも加わり、アニメ『101匹わんちゃん』でおなじみの3人のキャラクターが、どのようにクルエラの過激な“誕生秘話“に関わってくるのか注目だ。

 映画『クルエラ』は、5月27日より映画館、5月28日よりディズニープラス プレミア アクセスにて公開(※プレミア アクセスは追加支払いが必要)。

関連リンク

  • 5/18 12:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます