明石家さんま、若さの秘訣はハチャメチャな生活習慣!?「生活基準が他の人と合わない」

拡大画像を見る

 5月12日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で、平成ノブシコブシ、元モーニング娘。の保田圭(40)、井上和香(41)ら40代芸能人が年齢による悩みを明かした。平成ノブシコブシの吉村崇(40)は、最近反応が遅くなっていろいろな弊害がでてきたといい、相方の徳井健太(40)も「昔はこいつなんて、俺の足踏んで前出るぐらいやってましたからね」とかつての吉村の勢いについて語り、吉村は昔の勢いでいくと「腰をやっちゃう」「このスピード、ヤバい」と心配になると続けた。

 井上は、「私、もう朝起きた瞬間に“疲れたぁ”って言っちゃう」と告白。若い頃は深夜の2~3時に寝ても翌日に響かなかったが、最近は夜11時まで起きているのすら辛く、「時間帯もノリもついていけない」と告白。保田も「モーニング娘。の頃って、すごいハードなスケジュールをこなしてても、その後飲みに行く元気があったんですよ」とうなずき、最近はお酒を飲んだ翌日体調が悪くなるため、夜8時半に子どもと一緒に寝るなど生活が変わったと語った。

 そんな40代の悩みに、視聴者からは「同世代だから共感しかない」「昔は徹夜で麻雀して会社行ってたのにな」「駅の階段とかもヘトヘトや」「若い頃の幻影が今でもちらつくんですよ」など共感の声が続々。

 この流れで保田が、明石家さんま(65)に「さんまさんとか、すごく遅くまで起きてるじゃないですか」「だから私、さんまさんが旦那さんだったら困るなぁって」と言うと、さんまは「俺は一緒に過ごせない、結婚不適合者やねん」「誰も俺のペースで生きてないねん」と豪語。

■さんまは今でも疲れ知れず

 さんまは「生活基準が他の人と合わない」と明かし、「今日も朝まで」と朝の7時に寝たといい、加藤綾子(36)から「さんまさんが40歳なったときとかに体力が、ああ、変わってきたなって感じてきたことは?」と聞かれると、「俺はないねん。もう夢中で生きてきたからな」「ずっとアドレナリンが出てると思うねん、俺は」と明かし、共演者たちを驚かせた。

 番組の専門家は、40代の悩みについて加齢による自律神経の衰えが主な原因だと答えたが、タフすぎるさんまについては「完全に例外」だと説明していた。さんまは2017年放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)に出演した際、これまで病欠したことが一度もないといい、健康診断も受けてないと告白。病気にならない秘訣は「自己暗示」だと明かし、メロンを食べたら風邪が治ると脳を騙し続ける独特な健康法を語っていた。

 病は気からともいうが、“お笑い怪獣”さんまは、病気も老いにも無縁なようだ。

関連リンク

  • 5/18 10:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます