ロボットは相棒!心に響くロボット漫画おすすめ5選

拡大画像を見る

最近ではAI技術などの発展が目覚ましく、夢でしかなかったロボットたちとの生活がすぐそこまで近付いてきています。ロボットは便利なだけのだたの機械なのか、私たちの心にまで影響する相棒と成り得るのか。ロボット漫画の中にその答えがあるかもしれません。

ロボット漫画にはロマンがあふれている

ロボットCGハンドイメージ

ロボット漫画の多くは、男子向けのバトルものが多くワクワクする作品がたくさんあります。今回はそんな夢が詰まったロボット漫画だけではなく、心に響くものを中心に集めました。今までロボット漫画を苦手としていた人にも抵抗なく読んで頂けるラインナップなのでぜひチェックしてみてください。

交響詩篇エウレカセブン/片岡人生、近藤一馬

この商品の販売サイトをチェック

交響詩篇エウレカセブン(1) (角川コミックス・エース) Kindle版

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/51Fnv7tJlAL.jpg)

詳しく見る

片岡人生・近藤一馬/KADOKAWA/月刊少年エース/全6巻/完結

〇あらすじ
主人公のレントンは14歳。英雄の父を持つが本人は勉強も苦手でパッとしない。リフ(滑空するスケボーのようなもの)だけを楽しみに、平和すぎる毎日に辟易して過ごしていた。そんな時人型機動兵器ニルヴァーシュがレントンの部屋に墜落し、人とは思えないほど美しい少女エウレカが現れる。彼女はニルヴァーシュを操るライダー。エウレカには人並外れた能力がある反面、無感情で情緒に乏しい。その理由を知り、レントンは…。

〇おすすめポイント
2005年に大ヒットを記録したアニメ作品のコミック版です。人型機動兵器に乗せられているエウレカに重過ぎる事情があり、彼女の悲しい背景を知れば知るほど痛々しくて涙なしでは読めない作品です。本作ではアニメ版の世界観が余すことなく表現されているので、ぜひお手に取ってご覧ください。

〇3部作の完結編が2021年公開予定
2017年にスタートした「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」シリーズの完結編が2021年に公開を控えており、最新映像が公開されています。感動の長編作、劇場に足を運ぶ前にぜひチェックしてみてくださいね。

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

2009年/日本/115分

作品情報 / レビューはこちら
交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1

2017年/日本/93分

作品情報 / レビューはこちら
ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション

ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション

2018年/日本/84分

作品情報 / レビューはこちら
EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション

EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション

2021年/日本

作品情報 / レビューはこちら

蒼穹のファフナー/松下朋未

この商品の販売サイトをチェック

蒼穹のファフナー(1) (シリウスコミックス) Kindle版

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/51Sg1O5cgvL.jpg)

詳しく見る

松下朋未/講談社/月刊少年シリウス/全8巻/完結

〇あらすじ
日本の本島から離れた小島、竜宮島に暮らす15歳の主人公真壁一騎。中学を卒業後に島を出るのか、残るのか、そんなことを悩んでいた平和な毎日に突如謎の生命体フェストゥムが出現し日常は一変する。フェストゥムに対抗するために開発された有人兵器ロボットのファフナーに一騎や幼馴染の真矢・総士・甲洋達少年少女が搭乗することになる。子どもたちはファフナーに乗ったことで、多くの苦しみ悲しみ、そして自分たちの家族に隠された秘密を知り命の危険と隣り合わせで闘い続ける。

〇おすすめポイント
2004年に大ヒットしたテレビアニメのコミック版。人型ロボットに乗り闘うことになった少年少女たちの葛藤・苦しみ・悲しみが胸を抉るようなストーリーです。アニメ版のキャラクターデザインを担当した平井久司さんの絵柄をそのまま再現したコミック版は、アニメ版のファンも納得の仕上がりです。ファフナーに搭乗することで子どもたちは沢山の苦しみを味わうことになり、その表現が細かく一気に惹き込まれます。

〇世代交代も発生しながら続編も登場
TVシリーズは2期まで放送され、その後「蒼穹のファフナー THE BEYOND」が2019年より劇場公開されています。物語内の時間軸も進行していて、キャラクター達のその後の姿も見られるファンにとって最高の続編です。1期のアニメシリーズのダイジェスト版、THE BEYONDシリーズの第1話が公開されていますのでチェックしてみてくださいね。

蒼穹のファフナー EXODUS

蒼穹のファフナー EXODUS

2014年/日本/60分

作品情報 / レビューはこちら
蒼穹のファフナー THE BEYOND 第1話~第3話

蒼穹のファフナー THE BEYOND 第1話~第3話

2019年/日本/85分

作品情報 / レビューはこちら
蒼穹のファフナー THE BEYOND 第4話~第6話

蒼穹のファフナー THE BEYOND 第4話~第6話

2019年/日本/82分

作品情報 / レビューはこちら
蒼穹のファフナー THE BEYOND  第7話~第9話

蒼穹のファフナー THE BEYOND  第7話~第9話

2020年/日本/81分

作品情報 / レビューはこちら

ほしのこえ/新海誠・佐原ミズ

この商品の販売サイトをチェック

ほしのこえ (アフタヌーンコミックス) Kindle版

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/51fK7Vyfk4L.jpg)

詳しく見る

新海誠・佐原ミズ/講談社/アフタヌーン/全1巻/完結

〇あらすじ
今からそう遠くない未来、地球外生命体と闘いを繰り返していた国連宇宙軍はまだ中学3年生の長峰ミカコを調査隊の一員として任命した。隊員として選抜されるまでは、ミカコはちょっと優秀なだけの普通の中学生。寺尾ノボルと可愛らしい恋人関係を築いて同じ高校に行きたいとただ、それだけを大事にしていた少女だった。人型機動兵器トレーサーに搭乗しミカコはまだ15歳ながら戦闘に加わる。敵から逃れるために1光年先にワープし、その瞬間お互いの時間には1年のずれが発生する。二人の間にはどんどん時間の距離が開いってしまう。

〇おすすめポイント
「君の名は。」「天気の子」で一世を風靡した、新海誠監督の若い頃の映像作品をコミカライズした漫画です。ミカコの乗るロボットである人型機動兵器の美しさ、新海誠監督の繊細な心理描写を佐原ミズ先生が見事に表現しています。原作ファンも、未見の人もどちらでも楽しめるコミカライズ版です。

〇アニメーションオリジナル版では新海誠監督自ら声優を務める
本作の原作アニメーションは新海誠自ら監督・脚本・演出・作画・美術・編集を行い評判になりました。最初に公開されたオリジナル版ではなんと声優も務めています。落ち着いた声でなかなか良い雰囲気が出ていますので、声優版と比べて見るのも楽しいですよ。

ほしのこえ The voices of a distant star<オリジナル版>

ほしのこえ The voices of a distant star<オリジナル版>

2002年/日本/24分

作品情報 / レビューはこちら
ほしのこえ The voices of a distant star<声優版>

ほしのこえ The voices of a distant star<声優版>

2002年/日本/24分

作品情報 / レビューはこちら

パパと歩こう/慎結

この商品の販売サイトをチェック

パパと歩こう (花とゆめコミックス) Kindle版

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/51Y43ysVzBL.jpg)

詳しく見る

慎結/白泉社/メロディ/全2巻/完結

〇あらすじ
かつての天才少年で現在はふるわない探偵業を営む主人公のハルナ。叔父から介護用の子ども型ロボットA-3を預かるように言われ、A-3との疑似親子生活が始まる。ハルナは天才と言われ続けたせいかどこか情緒に欠けた面があり、愛くるしい表情や行動に溢れているA-3との生活の中で少しずつ変わり始める。

〇おすすめポイント
昔の天才少年ハルナは何だかひねくれて大人になってしまっていましたが、A-3の愛くるしさにどんどんほだされていく過程が愛おしいハートフルなロボット漫画です。介護用ロボットとしてあまり性能が良いとは言えないA-3ですが、だからこそ本当の子どものように愛したくなる健気で可愛らしい子です。ハルナとA-3の優しくてちょっと切ない物語をぜひ読んでみて下さい。

鉄民/菅原敬太

この商品の販売サイトをチェック

鉄民 : 1 (アクションコミックス) Kindle版

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/51RuhQmixmL.jpg)

詳しく見る

菅原敬太/双葉社/WEBコミックアクション/全3巻/完結

〇あらすじ
何の変哲もない小さな島で平和な毎日を送る主人公、滝沢実絽。数種類の恐怖症を持ち人より少し臆病な実絽だったが、高校に入学して憧れの先輩がいる弓道部にも入り順調な高校生活を送っていた。ある日誰かが置き忘れた携帯電話の着信に出たことから、この島の住人たちの秘密を知ることとなる。普通の人間たちに成り代わっているロボットの島民たち、「鉄民」が次第に実絽の生活を脅かし始める。

〇おすすめポイント
普通に過ごしていた日常が、人間のフリをしたロボット、「鉄民」たちの存在により壊されていく怖さにゾクゾクします。自分が当たり前だと思っていたものは、実は全て虚構だったのかもしれない。あなたの周りにある全てのものを疑いたくなる、読後も尾を引く作品です。

まとめ

AI技術の発展は目覚ましく、ロボットはどんどん人間や動物の模倣が上手くなってきています。彼らが人間たちの良き相棒となるか否か、どんな未来になるのか楽しみですね。ロボット漫画を読んで、いつか来るロボットとの共存の未来に想いを馳せてみるのも良いかもしれません。

関連リンク

  • 5/17 9:30
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます