若槻千夏、中学時代にアルタ前に通い詰める 笑っていいとも!「何回も映った」

拡大画像を見る

 タレントの若槻千夏が18日、TBS系「ラヴィット!」で、中学時代に、「週3」で新宿アルタ前に通っていたことを告白。当時大人気番組だったフジテレビ系「笑っていいとも!」に「何度も映った」と自慢した。

 番組では出演者に中学時代の思い出を聞いた。その中で若槻は「卓球部。同じ体育館のバスケ部の先輩が好きで、同じ体育館で卓球やってました」と振り返った。

 ただ所属した卓球部が「体育会過ぎて、休みがち。ついていけなかった」といい「休んだ時は『笑っていいとも!』を見に、アルタ前へ」行っていたと告白。「未成年なので(アルタには)入れないので、オープニングで映るじゃないですか?あれの最前列、週3で行ってました」とアルタ前に通い詰めていたという。

 「笑っていいとも!」ではオープニング時に、アルタ前の交差点がライブで映し出されていたことから「何回も(テレビに)映った」と自慢していた。

関連リンク

  • 5/18 9:05
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます