サロン帰りのような仕上がり! シャープ、プラズマクラスター搭載ドライヤー

拡大画像を見る

 シャープは、サロン流の速乾技とプラズマクラスターの美髪効果によってサロン帰りのようなまとまりのある仕上がりを実現するプラズマクラスタードレープフロードライヤー「IB-WX2」を5月27日に発売する。カラーは、ピンク、ホワイトの2色。

 IB-WX2は、美容師が2台のドライヤーを使って髪を乾かすテクニックを参考に開発した、独自の方式を採用し、2基の吹き出し口から出る風が、髪を立体的に押し分けてドレープ状になびかせ、深く広範囲に風を届けることによって速乾性を実現した。
 従来機種と比較して、風路開口率を高め、送風面積を広げることで、ドライ時間を約10%短縮するとともに、マイナスとプラスの2種類のイオンで美髪効果を高めるプラズマクラスター技術の効果によって、静電気を抑制するほか、ブラッシングダメージからキューティクルを守り、カラーリングした髪の退色や枝毛・切れ毛を抑える。
 さらに、水分子で囲まれたプラズマクラスターを髪に届けることで、潤いを保つとともにサラリとまとまりのある髪に仕上げられる。
 Bluetoothによるスマートフォンとのワイヤレス接続に対応しており、専用の美髪アプリ「ボーテアップ(beauteAPP)」に追加されたMODEボタンの切替操作をカスタマイズできる機能から、「センシングドライモード」や「地肌ドライモード」など、五つのドライモードから好みのモードのみに絞ったり、切り替えの順序を入れ替えたりといった、オリジナルのモード切り替え設定を可能にした。
 その他、風の温度と強さを光の色と強さで判別しやすいLED表示、取り回しやすいノズルレス形状を採用し、季節に合った温度帯で温冷風を自動で切り替えて髪のツヤをアップさせる「ビューティモード」、ワンプッシュで温風/冷風を切り替えられる「COLD(冷風)ボタン」などを備えている。

関連リンク

  • 5/18 9:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます