キンプリ高橋海人『ドラゴン桜』にもらい泣き!!松村北斗、西畑大吾…「超演技派J」!

拡大画像を見る

 5月16日放送のドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)の4話で、瀬戸輝役のKing&Prince・高橋海人(22)が見せた演技に注目が集まっている。

 同作は、2005年に第1作目が放送され大ヒットを記録した『ドラゴン桜』の続編。落ちこぼれの高校生たちを東大合格に導く、という設定はそのままに、桜木建二役の阿部寛(56)、水野直美役の長澤まさみ(33)が前作の役柄を引きついで出演し、生徒役に高橋のほか加藤清史郎(19)、平手友梨奈(19)らが新たに起用された。

「3話からは高橋演じる瀬戸も“東大専科”に加わり、いよいよ桜木の指導が始まったのですが、いきなり瀬戸が専科に来なくなってしまいます。瀬戸は実家のラーメン店が借金で深刻な事態に陥っていたため、それを隠して離れたのですが、闇金から嫌がらせを受けているところを瀬戸の店に通い詰めていた桜木が見つけてしまうんです」(テレビ誌ライター)

 アルバイトをしながら借金返済に奔走していた瀬戸だったが、学校がアルバイトを禁止していることが職場にバレてしまい解雇されてしまう。

「バイトもクビになって失意の中、店に戻ると桜木がいる。桜木は瀬戸に、“他人に迷惑がかけられねえ、そんなクソみてえな1円にもならねえプライド抱えて、社会の闇に消えそうなバカなガキでも受験に成功すれば、一流大学に入れる!”などと熱い言葉を送り、東大専科への復帰を説得するんです」(前同)

■高橋の熱演に「涙の演技エグくないですか?」

「桜木の熱い言葉と家の借金問題に揺れる瀬戸は、涙を流して“だから借金が……誰にも迷惑かけたくねえんだよ!”と必死に訴えます。

 専科に戻りたいけどそれが叶わない。高校生が背負うには荷が重すぎる状況にある瀬戸が流す涙は、感情を揺さぶるものがありましたし、それを見事に演じきった高橋の演技力の高さに驚かされましたね。視聴者からも、“涙の演技エグくないですか?”“海人くんの涙でもらい泣きして、こっちまで大号泣だったよ”との声がSNSに寄せられていました」(前出のテレビ誌ライター)

 高橋の熱演が話題になった4話は、世帯平均視聴率14.3%、個人平均視聴率は9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と高い数字を記録した。

「1話でも高橋は、実家のラーメン店に桜木が来店するシーンで、優しさが感じられる笑顔を見せつつ、ラストシーンでは不良のたまり場となっているバーで、桜木を学校から追い出すように指示した子分の生徒に氷のような表情で話しかけるという、二面性を見せる難しい演技をこなしていました。

 高橋演じる瀬戸には、まだほかにも一波乱あるかもしれませんし、これからのストーリーでも楽しみな存在。そして何より、今後も高橋の名演技が期待されますよね」(前同)

■岸の活躍が期待される次の「月9」

 大注目のドラマで役者として大活躍する高橋。だが、キンプリメンバーの躍進はこれだけでは終わらない。

 6月から放送予定の波瑠(29)主演の月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)に、キンプリのリーダー・岸優太(25)の出演が決まっているのだ。

「岸は、研修医あがりの元内科医・深澤新役を演じます。波瑠が演じる主人公の朝倉美月の私生活の面倒を見るとの設定もあるので、作中の人間関係でも重要な役になってくる可能性があります。

 岸にとってキンプリとしてデビューしてから初めての連ドラ出演となるのですが、2017年11月に放送された『大江戸ロボコン』(NHK)では、ロボコン出場を目指しながら、江戸時代にタイムスリップする主人公の高校生・安室将也役を熱演。岸のナチュラルな演技は光っていましたし、役者としての力は十分にあるでしょう。

 高橋が『ドラゴン桜』で注目を集めていますが、その次のクールの『ナイト・ドクター』で、岸の熱演が話題をかっさらうかもしれませんね」(女性誌記者)

 しかし、素晴らしい演技を見せてくれるのはキンプリメンバーだけではない。他のグループを見ても、若手ジャニーズの“超演技派”の台頭が目立っている。

■義足がバレるシーンで光った迫真の演技

 昨年1月にデビューを果たしたSixTONESの松村北斗(25)。

 彼はジャニーズJr.時代から役者として活躍していたが、デビュー以降は1月23日から3月27日まで放送されたKAT-TUNの亀梨和也(35)主演のドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)への出演や、2月19日公開の映画『ライアー×ライアー』では森七菜(19)とダブル主演を務めた。

「松村の演技力が特に光っていたのが、2019年4月期に放送されたドラマ『パーフェクトワールド』(フジテレビ系)での渡辺晴人役でしょう。足に障がいを持ち、義足で生活をおくる青年という難役で、表現力の高さが必要な場面もありました」(前出の女性誌記者)

 2019年5月に放送された3話で、松村演じる渡辺は“レンタル彼女”を呼び出し、一緒にカラオケで遊ぶシーンがあった。

「途中まで渡辺もレンタル彼女も楽しそうに遊んでいたのですが、ふとしたきっかけでズボンの裾から義足が見えてしまい、レンタル彼女に障がい者であることがバレて、その場が凍ってしまいます。渡辺は明るく、“義足なんだよねこっちだけ”、“あからさまに引くね〜! やっぱあれか、障がい者とはつきあえないか!”と取り繕います。

 結局、レンタル彼女は帰ってしまうのですが、部屋から出る瞬間に松村が見せた表情は、ただ悲しいだけでなく、悔しさや戸惑いも混じったような顔に見えました。リアルな緊迫感を松村は生み出していて、このシーンには本当に引き込まれてしまいましたね」(前同)

■デビュー前の期待の若手は「サイコパス」の異名

 ジャニーズJr.内の人気グループ・なにわ男子の西畑大吾(24)は、デビュー前ながら2013年度下半期の『ごちそうさん』、2015年度下半期『あさが来た』とすでに2本の連続テレビ小説に出演。4月24日からは関ジャニ∞の横山裕(40)主演の『コタローは1人暮らし』(テレビ朝日系)にも幼稚園の教諭・花輪景介役で出演している。

「西畑は、2020年1月に放送された木村拓哉(48)主演のドラマ『教場』(フジテレビ系)で、風間教場の訓練生である樫村卓実を演じています。この樫村は非常にクセのあるキャラで、表面上は穏やかで真面目なのですが、持ち込み禁止の物を密かに調達して生徒に売る“調達屋”であるとの裏の顔を持っています。

 その調達屋としての顔が、三浦翔平(32)演じる訓練生の日下部准にバレてしまうのですが、樫村は日下部の成績の悪さを指摘し、“僕には調達できるんですけど、日下部さんの欲しい点数を”と脅して口封じを試みます。

 このとき、樫村はささやくように日下部に話しかけ、さらに不気味な笑顔を浮かべるんですが、西畑は、とてもジャニーズアイドルとは思えないほどの不快さを感じさせる人物を演じきっていました。あまりにも狂気を感じさせる演技だったせいか、“サイコパス樫村くん”との異名がネット上に登場するほど、注目を集めましたね」(前出の女性誌記者)

 すでに役者としての相当なポテンシャルを示している松村と西畑が、今後どんな役を演じていくのか、楽しみでしかない。

「木村やV6の岡田准一(40)、嵐の二宮和也(37)が切り開いた演技派ジャニーズの道は、後輩たちにどんどん受け継がれていますよね。

 高橋や岸たちより少し上の、ジャニーズWESTの重岡大毅(28)は7月スタートのドラマ『#家族募集します』(TBS系)で初主演を務め、役者としての地位を確立しつつあります。若手には、木村、岡田、二宮といった先輩や歳も近い重岡という見本もいます。若手ジャニーズは、彼らの背中を追いかけてどんどん成長していくのでしょうし、いつか映画賞などをジャニーズタレントが独占するという日もくるかもしれませんね」(前同)

 格好良くて、歌えて踊れて、そして演技もできる。ジャニーズアイドルはやっぱりすごい。

関連リンク

  • 5/18 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます