クロースが新型コロナ陽性に…逆転優勝をかけた最終節ビジャレアル戦を欠場へ

拡大画像を見る

 レアル・マドリードは17日、ドイツ代表MFトニ・クロースが新型コロナウイルス陽性となったことを公式サイトで発表した。

 クラブの発表によると、クロースは14日に新型コロナウイルス陽性患者との接触があったといい、濃厚接触者として隔離措置を取っていた模様。その影響で16日のアスレティック・ビルバオ戦にも帯同していなかったものの、17日に行われた検査で、今度は自身の感染も判明したようだ。

 今回の検査結果により、クロースにはさらなる隔離措置が適用されることとなるため、逆転優勝をかけた23日の最終節ビジャレアル戦は欠場となるようだ。また同時に、マドリーの中盤を支える31歳の今シーズンは終了することとなった。

関連リンク

  • 5/18 6:56
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます