【仏1000ギニー】C.デムーロ騎乗、10番人気の伏兵クールサンバが初戴冠/海外競馬レース結果

 現地時間16日、パリロンシャン競馬場でフランス牝馬クラシック競走の第1戦・仏1000ギニー(プールデッセデプーリッシュ、3歳牝・G1・芝1600m・13頭立て)が行われた。

 道中は中団の内を進み、直線でも馬群の間をこじ開けるように伸びた10番人気クールサンバ(Coeursamba、牝3、C.デムーロ騎手)が、連れて脚を伸ばした1番人気マザーアース(牝3、C.スミヨン騎手)との追い比べを制し、1.1/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分39秒28(重)。

 マザーアースから短首差の3着には後方から馬群を割って追い込んだ13番人気ケネラ(牝3、S.マイヨ騎手)が入った。デビュー2連勝中で2番人気のフィロメーヌ(牝3、M.バルザローナ騎手)は6着だった。

 クールサンバは父The Wow Signal、母Marechale、母の父Anabaaという血統。フランスのJC.ルジェ厩舎の管理馬。通算成績は8戦2勝で、これが重賞初制覇。前走はフランスの条件戦で3着だった。

 父のThe Wow Signalは2018年に死亡しており、これが産駒G1初制覇。同日に新潟11Rの弥彦Sを勝ってオープン入りしたユニコーンライオンの半兄にあたる。

関連リンク

  • 5/17 19:32
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます