【Review】観てみな 飛ぶぞ!大長編映画『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』(2021)

拡大画像を見る

2021年5月26日デジタル配信開始、6月25日4K ULTRA HD&ブルーレイ発売となる、DC映画『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』を一足早く鑑賞させていただいた。率直な感想としては、これこそまさにDCファンが待ち望んだ『ジャスティス・リーグ』であるということだ。

これまで『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(3時間21分)や『アベンジャーズ/エンドゲーム』(3時間1分)など、3時間を超える映画を何本も観てきた映画ファンにとって未知の領域である4時間の壁を超えた大長編映画が誕生した。
DC映画『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』である。

『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』とは?

2017年に公開された『ジャスティス・リーグ』でもともと監督を務めていたザック・スナイダーは志半ばで途中離脱してしまい、代わりに『アベンジャーズ』(2012)などで知られるジョス・ウィードンが映画を完成させる形となった。
そのため、スナイダー自身が望んでいた完成形とは少し違う作品になってしまったわけだが、ファンやスタッフはスナイダーが追い求めた完成形を公開してほしいと懇願。
これを受け、米HBO MAXで『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』が公開される運びとなった。
本作の大まかなストーリーラインというのは、『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)でスーパーマンが命を落とし、その悲しみから立ち直ろうとする人々の姿を描いた、2017年劇場公開版とほとんど同じ道筋を辿っていく。

『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』(2021)

JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements and trademarks of and (c) DC. Zack Snyder's Justice League (c) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

いまやメトロポリスを初めとした世界は、混沌を極める状況だった。
来るべき脅威に危機感を抱いたブルース・ウェイン=バットマン(ベン・アフレック)は、密かに超人たちが集うチームを結成しようと動き始める。
最強の戦士ワンダーウーマン=ダイアナ・プリンス(ガル・ガドット)、海を司るアトランティスのアクアマン=アーサー・カリー(ジェイソン・モモア)、‘‘地上最速の男’’フラッシュ=バリー・アレン(エズラ・ミラー)、全身機械のサイボーグ=ビクター・ストーン(レイ・フィッシャー)をスカウトしていくブルースは、最強チーム‘‘ジャスティス・リーグ’’を結成。
侵略者ステッペンウルフの魔の手から、地球を守れるのは、スーパーマン亡き今となっては彼らしかいない。
不思議なパワーを持つ3つのマザーボックスを守り抜き、世界の秩序と平和を守ろうと戦いを繰り広げる。

神話として蘇った全く新しい『ジャスティス・リーグ』

『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』(2021)

JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements and trademarks of and (c) DC. Zack Snyder's Justice League (c) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ジョス・ウィードンが跡を継いだ劇場公開版『ジャスティス・リーグ』は非常に外連味のある映像表現が特徴的で、古き良きアメコミ映画のエンターテイメント性や娯楽映画としての楽しみを追求した作品に仕上がっていた。
これはザック・スナイダーが監督を退いた後に、ウィードンの判断で成された要素であるが、本来、スナイダーが描いていたビジョンとは程遠いものだったのだろう。
ファンとしては、もちろんジョス・ウィードン版も魅力的に感じる部分は大いにあったのだが、やはりそれまでのDCエクステンデッド・ユニバースとは異なる雰囲気やストーリー上の不自然な点などは否めず、不完全燃焼だった印象が強い。
そうなると、全世界の映画ファンは、ザック・スナイダーが最後まで指揮を執った作品を目にしたいという思いに駆られるのは必然。
こうして、ついに完成した『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』は、4時間を超える大長編映画となったのだ。

『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』(2021)

JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements and trademarks of and (c) DC. Zack Snyder's Justice League (c) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』は、パート1からエピローグまでの全7編から成っている。
劇場公開版ではおよそ2時間だった上映時間が、2時間増しの4時間となり、未公開映像や新たに撮影した場面などを追加して、より丁寧に物語を進めていく。
全体的に、『マン・オブ・スティール』や『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』でも見られたザック・スナイダー独特の‘‘神話的’’な描写が際立ち、まるでスーパーヒーローたちを‘‘神々’’であるかのように見立てた演出が目を引く。
ポップなアメコミ映画という印象だった『ジャスティス・リーグ』が一気に、一大叙事詩へと変貌を遂げ、重厚感を纏った作品へと様変わりして魅せるのだ。
『ジャスティス・リーグ』という壮大な物語を伝えるためには、やはり2時間では足りなかったのだなと、つくづく痛感させられた次第である。

ヒーローたちの出自をより深く掘り下げる

『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』(2021)

JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements and trademarks of and (c) DC. Zack Snyder's Justice League (c) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

2017年に公開された『ジャスティス・リーグ』以降、『アクアマン』(2018)の単独映画や『ワンダーウーマン 1984』(2020)が公開され、今後も『フラッシュ』単独映画の公開を控えるなど、DCEUはさらなる拡がりを見せている。
DCEUにおいて『ジャスティス・リーグ』という作品はとても重要な役割を果たしており、本作から本格的に参戦してきたヒーローも多い。
バリー・アレン=フラッシュ、アーサー・カリー=アクアマン、ビクター・ストーン=サイボーグらがそれに当てはまるが、どうにも劇場公開版の『ジャスティス・リーグ』では、彼らの物語を伝えるには不十分だった印象が強い。
しかし、『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』は各々の出自をしっかりと伝え、その輪郭をハッキリさせる内容になっている。
それぞれのヒーローのバックグラウンドを丁寧に描くことに成功しているため、より感情移入を誘う結果をもたらしており、彼らのさらなる活躍に期待感を抱かせるのだ。

『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』(2021)

JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements and trademarks of and (c) DC. Zack Snyder's Justice League (c) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ヒーローばかりではなく、各々の大切な存在にもよりフォーカスされている。
中でも「家族」の物語には強く注力されている印象を受ける。
特にサイボーグことビクター・ストーンと父のサイラスの物語は一層深みを増しており、最終的な物語の着地点でも大きな役割を果たす。
かつて『ターミネーター2』(1991)のマイルズ・ダイソン役で存在感を発揮したジョー・モートンが同役を彷彿させるサイラスというキャラクターを演じていることが喜ばしい限りだ。
彼でなかったら、おそらくここまでの親近感を抱くことはできなかっただろう。

そのほか、スーパーマンが本来の姿とは異なる形で登場したり、『バットマン』ファンには馴染み深い‘‘宿敵’’の登場、今後のDCユニバースを左右しかねないキャラクターのまさかの登場など、2017年の劇場公開版では観られなかったファン垂涎の名場面が多数収められている。
まさにファンが求めた『ジャスティス・リーグ』が本作であり、劇場公開版とは全く別物の作品に仕上がったと言えるだろう。
最高に面白かった!この一言に尽きる。

(文・構成:zash)

『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』(2021)

JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements and trademarks of and (c) DC. Zack Snyder's Justice League (c) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』(2021)

JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements and trademarks of and (c) DC. Zack Snyder's Justice League (c) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』

2021年5月26日(水)ダウンロード販売/デジタルレンタル先行配信開始

2021年6月25日(金)4K ULTRA HD&ブルーレイ 発売

■【初回仕様】 ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット <4K ULTRA HD&ブルーレイセット>

(4枚組/日本限定ジム・リー作画コミックブック&オリジナルポストカードセット付)\8,980(税込)

■【初回仕様】 ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット ブルーレイセット

(2枚組/日本限定ジム・リー作画コミックブック&オリジナルポストカードセット付)\6,980(税込)

■【DC展1,000セット完全限定】ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット ブルーレイセット(2枚組/日本限定ジム・リー作画コミックブック&オリジナルポストカードセット&オリジナル・フィギュア付)\9,980(税込)

発売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント 販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント

JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements and trademarks of and

(c) DC. Zack Snyder's Justice League (c) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

関連リンク

  • 5/16 19:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます