がん治療中断で不妊治療再開のだいたひかる、45歳「タイミング法と人工授精で粘りすぎたかも」

拡大画像を見る

 乳がん治療を中断し、不妊治療を再開し、14日に40歳の時に凍結した受精卵(凍結胚)を体内に移植したお笑いタレント・だいたひかる(45)が16日夜、ブログを更新。38歳で不妊治療を開始した時の反省点を明かした。

 今月25日には46歳の誕生日を迎えるだいたは、38歳の誕生日だった13年5月25日にアートディレクターと結婚。不妊治療中の16年1月に乳がんと診断され、右胸を全摘出。その後、右胸にがんが局所再発し、19年3月に腫瘍の摘出手術を受けた。その後は定期的に放射線治療を受けてきたが、昨年10月にストップ。不妊治療を再開した。

 だいたは「私がもし38歳に戻って不妊治療するなら」と切り出し、「もちろん乳がん検診をして…タイミング法2回、人工授精2回、そして体外受精2、3回顕微鏡受精 と実際よりも、ステップアップを早めた方が…良かっただろうなぁと思います」と今となって分かる反省点を明かし、伝えた。

 不妊治療を始めた当初は「不妊治療をしつつも…なるべく自然に近い感じで、妊娠したい」と思っていたことも告白。「なのでタイミング法と人工授精で、粘り過ぎたのかも!?」と振り返った。

 当時は妊娠について、「生理があればいつでも大丈夫」と思っていたそうで、「月に1回24時間しか妊娠のチャンスが無くて、年に12回のチャンスと…最初知った時にビックリしました」と回顧。今から不妊治療を考えている人たちに向け、「是非、確率の高い方に、すすんでいって欲しいなぁって思います!」とつづった。

関連リンク

  • 5/17 14:51
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます