一緒に見るのは...!【恋愛映画】を敬遠している男性が多い理由って?

拡大画像を見る

 恋愛映画を観ることによって、キュンキュンしたいという女性は多いのではないでしょうか。恋愛をしてないときに、恋愛映画を観ると、恋愛をしたくなったり、恋愛をしているときに観ると、好きな人に会いたくなりますよね。 女性に比べて恋愛映画をが苦手な男性は多いというイメージもあるのではないでしょうか。 今回は、恋愛映画を敬遠している男性が多い理由について、ご紹介していきます。 


映画と同じことを求められそう

当然ですが出てくる主演の男性や、その友達などもイケメンばかりであり、女性としてはその部分にも夢を抱いて恋愛映画を観ることもありますよね。彼氏はそんなときに、「折れに同じことを求めているのかも」と感じてしまうということもあるようです。 映画の登場人物と比べられると、男性もたまったものではないので、あまり彼女とは一緒に恋愛映画を観たくないという方は多いようです。彼氏に向かって「こうなってほしい」という期待を込めて、一緒に観る方はあまりいませんよね。 男性の勝手な考えであり、彼女に対する考えすぎな部分もあるはずですが、彼からすると、プレッシャーに感じてしまうのではないでしょうか。素直に一緒に観ようと頼むと、見てくれるはずなので、気にしなくてもいいかもしれません。 


純粋すぎて恥ずかしくなる

「こんなに綺麗な恋愛は現実ではしない」などと感じるような純粋な恋愛を描かれていることが多いので、見ているほうが恥ずかしくて観ていられないと、感じる方も多いようです。恋愛映画に出てくるような都合のいい男性は現れません。 これほどまでにあざとく振舞う女性も、現実にはいないなどと考えながら観てしまうようです。純粋な映画でキュンキュンして、心を洗っていきたいという理由から、恋愛映画を観るという女性も多いのではないでしょうか。 キュンキュンして心を洗いたいという映画は、男性に少しハードルが高く、あまり好んで見たくないという方もいるでしょう。女性は少女漫画を読むことも多いので、違和感もないですが、男性には違和感を感じる方も、いるということになります。 


感動して泣いてしまうのを見られたくない

男として、涙もろい部分を女性に見せたくないというプライドもありますよね。恋愛映画には泣かせに来る場面もあるので、涙もろいというのが嫌だったという方も多くいます。 女性としては恋愛映画を見慣れているので、ちょっとやそっとでは泣きませんよね。女性だけケロッとしていて、男性だけが泣いているのは少し嫌ですよね。女性としては泣いている姿を見せてほしいので、もっと観て感動してください。 


こんな男はいないと感じてしまうから

現実にはいないような、男前な行動をする男性がいるので、「こんな男はいない」と突っ込みたくなるのではないでしょうか。 現実離れしている設定などに、うんざりしてしまい、観たいとは思わないという方もいるので、敬遠したくなるのではないでしょうか。 


まとめ

彼と一緒に観ることができると、お互いの愛情も深まる機会になりそうですよね。彼と一緒に観れると嬉しいですが、強制はできないのでお互いが好きなものを観るといいのかもしれません。 (ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/17 14:16
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます