秋冬でも楽しめる!奄美大島のおすすめ観光スポット5選☆

拡大画像を見る

日本版の「天国に一番近い島」として知られる奄美大島。夏に行く場所だと思っていませんか?でも実はこれからの季節でも十分に楽しめるおすすめな観光スポットがたくさんあるんです!この記事を読んだら奄美大島にすぐ行きたくなること間違いなし!それでは、筆者おすすめの観光スポットを紹介していきたいと思います☆


-ホノホシ海岸-



ホノホシ海岸は奄美大島の南端の岬にある海岸です。
なんとホノホシ海岸の石は全部まん丸!強い波によって石が転がされ、まん丸な石の浜が出来たそうです。波が来るたびに石が転がり、自然の心地良い音が響きます♪



観光客が浜にある石を使ってメッセージを作ることも!自然の中で自然のものを使ってメッセージを残すなんて素敵ですよね。


【ホノホシ海岸】
住所:鹿児島県大島郡瀬戸内町大島郡瀬戸内町ホノホシ
電話番号:0097-72-1115


-奄美きょら海工房-



「奄美きょら海工房」は奄美大島にあるおしゃれなカフェレストラン。なんとグッドデザイン賞を受賞したことのあるお店なんです。



お店の目の前には透き通った綺麗な海が一面に広がります♪天気のいい日はテラス席でのランチがおすすめ!まるで海外に来たかのような気分になれちゃいますよ。

メニューは奄美大島の地元の野菜、とれたての魚介などの食材をふんだんに使ったものばかり。
あおさとサーモンのピザやなど、ここでしか食べれないメニューがたくさんあるので迷っちゃいますね。ランチは1000円から1500円でパン食べ放題とリーズナブルなのでとってもお得☆

お土産店も併設されているので、お帰りの際にふらっと立ち寄ってみて下さいね♪


【奄美きょら海工房】
住所:鹿児島県奄美市笠利町用安フンニャト1254-1
電話番号:0997-63-2208


詳しくはこちら


-AMAネシア-



「AMAネシア」は、ばしゃ山村というホテルの中にある海の見えるレストランです。
お店の前には、とっても綺麗なプライベートビーチが広がり解放的な空間に♪



「AMAネシア」でおすすめしたいのが、「あぶらゾーメン」。
「あぶらゾーメン」とは、その名の通り素麺に油とたれを絡めた奄美大島の郷土料理です。たっぷりとたれを絡めて味わってみて下さいね☆


【AMAネシア】
住所:鹿児島県奄美市笠利町用安1246奄美リゾートばしゃ山村
電話番号:0997-63-1178


-ひさ倉-



奄美大島の名物、鶏飯って知っていますか?
鶏飯は、温かいご飯の上に、ほぐした鶏肉・椎茸・卵・パパイヤの漬物などを乗せ、さらに薬味を添えて、最後に鶏出汁をかけて食べる奄美大島の郷土料理です。
「ひさ倉」のあっさりかつ鶏の出汁が香るスープはご飯との相性抜群♪

「ひさ倉」で鶏飯の他に食べてほしい一品は、鳥刺し。
生で食べるものなので新鮮さが命。東京では馬刺しはあってもなかなか鳥刺しって見かけませんよね…。だからこそここ「ひさ倉」に行った際はぜひ食べてみて下さいね♪


【ひさ倉】
住所:鹿児島県大島郡龍郷町屋入
電話番号:0097-62-2988


詳しくはこちら


【番外編】目の前に海が広がる一押しホテル♪



奄美大島に来た際にぜひ泊まってみてほしいのが、「ネイティブシー奄美 アダンオンザビーチ」。
入り口を入ると可愛らしいロビーが待ち受けています♪館内は全体的に白を基調とした清潔感のある作りでとっても雰囲気がいい◎



なんとこのホテルは、ベランダを出るとそのまま海に行けちゃうホテルなんです。館内すべてオーシャンビューになっているのもポイントの高いところ!
周りには明るいものがほとんどないので夜には満点の星空が見れちゃいます♪

観光で疲れた体を自然に囲まれた「ネイティブシー奄美 アダンオンザビーチ」で癒してみては?


【ネイティブシー奄美アダンオンザビーチ】
住所:鹿児島県大島郡龍郷町芦徳835プチリゾートネイティブシー奄美
電話番号:0997-62-2385


詳しくはこちら


次の旅先は奄美大島に決まり!



いかがでしたか?
奄美大島には綺麗なビーチが広がっているのはもちろん、他にもおすすめな観光スポットが沢山あるんです♪
自然に囲まれた空間は日々の疲れを癒してくれること間違いなし。実際に行って奄美大島ならではの良さを体感してみてくださいね!

関連リンク

  • 5/17 12:56
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます