すゑひろがりず・三島、万引きGメンだった…50人以上捕まえた実績、盗撮犯も

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・すゑひろがりずが16日、テレビ朝日系「シンパイ賞!!」で、かつて万引きGメンとして50人以上捕まえていたことを告白した。

 番組では「芸人シンパイニュース」としてすゑひろがりずが登場。三島は15年ほど前に万引きGメンとして50人以上を捕まえていたという。三島は「分かるんです。万引きする人って。捕まえると人格がおかしくなっちゃう」と振り返った。

 いまでこそ穏やかな表情をしているが、相方の南條庄助は「当時(15年前)、三島はすごい厳つい顔をしていて。同期とかが三島を不動産屋に連れて行って座らせてたら、いい条件の物件を出してくれる」というほど、迫力ある面構えだったという。

 三島は「捕まえて警察を呼んで、引き渡すまで逃がさないのが万引きGメンの仕事」だといい、捕まえてバックヤードに入った瞬間「(怖くて)ガタガタ震える」という。

 万引き犯だけではなく、盗撮犯も捕まえたことがあったといい、犯人が携帯を壊そうとしたことから「証拠隠滅すると終わりなので、トンと(手をはたいて)携帯が(下に)落ちて、(三島が)カーンと蹴って。みんなが『うわあ!』ってなって。でもバックヤードに行くとガタガタ震える」と苦笑いで振り返っていた。

関連リンク

  • 5/17 11:53
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます